シヌグ堂(バンタ)&高離節

シヌグ堂(バンタ)&高離節
シヌグ堂バンタ
宮城島中央部の高台に位置する「シヌグ堂バンタ」。バンタとは沖縄の言葉で断崖のこと。海沿いからさとうきび畑を抜け、集落をとおりながらちょっとだけ急な坂道を進んでいきます。シヌグ堂遺跡とも呼ばれており縄文時代後期の遺跡でもある、とのことです。その他にも「高離バンタ」という別名もあります。

眼下には伊計島が
展望台がある崖からは集落と海が一望できます。すこしだけわかりづらい場所にあるのでかなり穴場な絶景スポットです。遠くに見える伊計島もとてもキレイで素敵です。

島流しの遭った女性が宮城島での暮らしを歌った歌碑も建てられていました。
歌碑

高離島や 物知らせどころ
にや物知やべたん 渡ぢたばぅれ  真亀
(タカハナリジマヤ ムヌシラシドゥクル
ナムヌシヤビタン ワタチクボリ まがみ)

大意:高離島はさまざまなことを教え悟らしてくれるところです。離島の苦しみ、人の情け、もう十分に思い見ることができました。私の生まれ育った彼の地に、願わくばわたしもこの命あるうちに還りつけますことを・・・

真亀の夫・平敷屋朝敏は封建の世を生きる作家の困難を体現し、王府によって処刑されました。それに伴い、真亀は士族の身分を追われて農民へと落とされ、宮城島に流されました。貧しい中で接してくれた人々への感謝の念と故郷に戻りたいという消せない願いが込められてます。文学と政治、真亀と島の先人の辛苦が300年の時を越えて伝わってきます。(HPより)

なんだかとても切ない、ですね。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です