松金から金丸。そして「尚円王」に。

IMG_6576

青年期、尚円王は「松金」と呼ばれていました。松金は24歳の頃、国頭の宜名真に渡ることに。首里に上る頃の松金は「金丸」と名をあらため、越来按司という役人の屋敷で奉公することになりました。

生来、頭が良く人格も優れていたため、尚思達王の代に下級役人となり、尚金福王の時には黄冠(高級官吏)など経て、数々の実績を重ねて、55歳で琉球国王に即位したそうです。

琉球王朝第二尚氏は、1470年から明治の廃藩置県(1879年)に至る409年間、琉球王朝を築きました。

そんな、尚円王生誕の地伊是名島には、尚円王に関連する史跡が数多く残っており、今も島の人たちが守り続けています。

尚円王御庭公園
IMG_6655
尚円王生誕580年を記念して、平成8年度に開園しました。

IMG_6570
IMG_6600  IMG_6668
広々として、緑に溢れ海も見渡すことができる場所です。家族づれで来て子供達と一緒に遊ぶ場所として最適ですね。

IMG_6636
園内には、尚円王のへその緒を埋めたといわれている「みほそ所」や尚円王が生まれたときに産湯をつかったといわれる「潮平井」もあります。

IMG_6580
村出身の版画家・名嘉睦稔氏が制作した、若き日の金丸(尚円王)像が建立されています。

 

お庭(みほそ所)
IMG_6620
尚円王は、島で「北(ニシ)ぬ松金」と呼ばれていました。首見邑(今の字諸見)の生まれで、王位即位後に、その生誕地内に「お庭」が造られました。

IMG_6612 IMG_6630

IMG_6633
拝所内の大石の下に「尚円王のみほそ」が安置されたということで、お庭のことを「みほそ所」とも呼ばれています。

 

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【伊是名島に関する情報】
・伊是名村公式HP
・尚円王生誕600年祭公式サイト
・いぜな島観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です