おきコレ沖縄に住む人のためのニュースアプリ

  • twitterへ
  • facebookへ
  • instagramへ

離島 多良間島

0

113

組踊「多田名組」

組踊「多田名組」

あらすじ
「多田名大主」は、天下取りの野望をいだき、上原の按司を火攻めにして殺したが、按司の妻と子供の千代松と金松を取り逃がしてしまう。報復を恐れ、外間大屋子に探し出すように命じるが、聞き入れないので切り殺し、田名がとがめると牢に放り込む。
執拗に生き残りを探し出し、子孫を絶やそうとしていることを知った上原の按司の嫡男「千代松」は、殺されるよりも自決することを決意し守役の「西田・屋比久親子」に相談する。親子は思いとどまるよう説得するが、千代松の決意は固い。そこで屋比久は一策を謀り、千代松と西田(屋嘉阿)はこちらから乗り込み敵に降参しようと見せかけ、様子を探ることに。屋比久は国頭の奥、辺戸に隠れ人を集めて時機を待つ。
母と弟金松は村々をさまよっていた。千代松は母と金松が、苦渋している夢を見、城を抜け出し再会する。父の仇打ちのため一時、多田名に下っていることを話し、二人に屋比久を尋ねるように伝え、城に戻る。
多田名大主は心配の種が消えたので、わが意を得たと喜び勇んで津堅島に月見の宴へと遊びに出かける。
そのことを「具川」を通じて知った屋比久は軍勢を手配して、多田名一行の津堅島からの帰りを待つことにした。
多田名大主は武運つきて、千代松や屋比久たちに捉えられる。
※上原の按司の嫡男「千代松」が親の仇討ちをする物語である。

第1幕 飛ぶ鳥も飛ばぬの幕
現世は夢の間の浮世で、人生は露の身である。思いも願いも全て叶えられて太陽のように世人から仰ぎ拝まれ、楽しみの限りを尽くしてみようと「上原の按司」を滅ぼしたのであるが、城内にその妻子の亡骸が見えず気がかりである。
そこで島国の果てまでも探し出して、子孫を討ち絶やし、安心してこの世を喜び楽しもうと思い、二人の部下(外間大屋子・謝名の子)を読んで、このことを言いつける。
外間大屋子は、大主の企てに対し「人間性のないことを、無慈悲なことである」と、義理を尽くして忠言したが受け入れられず、ついに大主の怒りに触れて一刀両断になる。

「義理堅い外間大屋子をあたら腹立ちで打ち首にしたことは、口惜しく至極残念である。あまりにもひどい」と大主にたてつく。
田名も忠言を述べ申したが聞き入れられず、牢込めとなる。
謝名の子は、外間大屋子・田名とは全く対照的で、大主の計画に賛意を表して従い、大主の言うことを次々おだてはやしたてる。
多田名は、謝名の子におだてられ、自分の上を飛ぶ鳥はないと気勢高々に述べ立てる。
IMG_5566
IMG_5579
IMG_5599
IMG_5614
IMG_5633

第2幕 散り残る花の幕
♪散山節
「自分は上原の按司の嫡男「千代松」である。親の按司は何の罪科もないのに、多田名大主に火攻めで殺され、母親と弟金松の行方も未だ知れず。煙に紛れて生き延びた自分も、哀れなもので人目を忍んで生き長らえている。重ねての苦痛を背負って朝夕泣き暮らし、朝顔のようなか弱い命を永らえるのも、時期が来たら親の仇討ちをしようと思ったからである。ところが、多田名大主の悪欲は尚も止まず、生き残っている私をも探し出そうとしているという噂がある。敵の手によって殺されるよりは、むしろ自決した方が良いのでは」と屋嘉阿親子を呼び出して暇乞いをし、急いで自決しようと述べている。

千代松は「屋比久大屋子と西田」に自分は、網に囲まれた魚のようなもので哀れな運命であると、自分の身の上を訴え、自分が死んだ後の先祖や両親に対する節節の供養を頼む。
西田は「思子は気狂いでもされたのですか。天と地の中には必ず情けがある。花も春が来たら咲くでしょう。節を気長に待つことだ」と励ます。
屋比久は「栄枯盛衰は人の世の習いである。苦難は光明への導きの始めであり、辛抱が第一である。」
千代松「自分はこれ以上耐えられない、許してくれ。」と切腹を図ろうとして抑えられる。
屋比久。一策を考え、先ず大主に降参することにし、千代松と西田は敵に降りて手組みするがよい。自分は、国頭の辺戸の村に忍び隠れて人を集め、時節を待ち城の内外から攻め立て仇討ちをしようと計略を練る。
千代松と西田もこれに賛同し、いよいよ敵に降りるよう決意し、時期を待つ間の連絡は慎重にするように西田に言いつける。
IMG_5650
IMG_5675
IMG_5682
IMG_5690

第3幕 見れば肝痛さ
♪金武節
千代松と西田は多田名大主の城へ行き、門番に取次を頼む。多田名は、はかりごとの是非を調べさせ、千代松たちを城内に入れる。

大主は、千代松に対して理由を聞く。
千代松は、願い事があって参上した。はかりごとの無いことをつぶさに
のべて助けを乞う。西田は、願い事を叶えてくださるよう悲願する。
大主の供の一人は、「千代松たちを助けてやる事はあたかも鬼虎に翼をつけてやるようなもので、はなはだ危険であり容易ならぬ事である。」と大主に助言する。
大主「千代松たちの言う事を聞くと気の毒に耐えない。お前の今の言葉は無用である。」と人間性を示す。
千代松「頼みに来ている自分は一人身であり、命限りに参上しているので、憎いと思われるなら殺されるのも幸いです」と述べる。
大主「助けようと思うので、共の言う事は気にするな」と慰める。

大主の供の二人は、千代松に対し、君を捕らえるために網を張ろうと思って準備をしているところだ。運良く大主と対面できた。といい、すぐに大主に対して人は慈悲の有無によって、上下の区別ができるのです。慈悲深くおられたら朽ち果てることはないでしょう。お情けをかけてお世話くださいと、千代松に対する同情の意思表示をする。
大主。千代松に対し、「そなたの父は天運が浮きて妻子とともに、身を果てたのである。そなたの苦しみを見ていると心が痛くなり、世話をしてやりたい気になる。親と思って頼りなさい。この多田名は勢力が日に日に増し、月々に盛んになっていく。今日の喜びを城内に入って祝い遊ぼう」と連れ立っていく。
IMG_5704
IMG_5710
IMG_5716
IMG_5721
IMG_5735

第4幕 野山道紫に露の宿の幕
♪道行き子持ち節
「上原按司は多田名大主に攻め殺されて、生き残った私たち二人は、やっとのことで城を逃れたが、住む家もなく、袖に顔を隠して物乞いとなって世間の目を忍びながらえていた。夜も昼も道芝に宿り、落ちる露のごとくやつれて消えて死ぬだろう。この親子を見る人もないでしょう。哀れなことは、犬猫の餌食となるのではなかろうか」と人生の最も悲惨なところを述べている。
母は、老体で疲れきって村外れの道芝に休んでいる。金松は、母をいたく心配しながらもどうしようもなく泣き入っている。

♪東江節
千代松。母と金松が、道芝にうち倒れているとの夢を見て驚き、真夜中に多田名大主の城を忍びでて母弟を捜しに出かける。
夜半、村外れを急いでいると、子どもの泣き声に驚き、近寄って尋ねる。弟の金松であることに更にびっくりして、親兄弟との思いかげないめぐり合いに喜び、なつかしみ語り合う。♪千瀬節
千代松は、屋嘉阿のおかげで逃げ出し、何とかして親の仇討ちをしたいと他人の目を避けて過ごしてきたが、そんな気急な場を凌ぐために屋嘉阿と二人、敵に降参しているなどと母に語る。♪伊野波節
母も、これまでのいきさつを語る。弟松金も、仇討ちについて千代松に進言する。いろいろ話し合って、母と金松は屋嘉阿を頼って奥辺戸へ、千代松は多田名の城へと分かれていく。
IMG_5748IMG_5777IMG_5781
IMG_5846
IMG_5851
IMG_5866

第5幕 嵐を前に津堅島の幕
「勢力の強いこの多田名大主の上は、鳥も飛ばず、春は花の下で、夜に花の香を止め、夏は川辺で涼しく暮らし、秋は月眺めをして楽しむ。ああ、何たる浮世の面白さよ。」と我が世の春を謳歌する多田名大主は謝名の子に、明日、津堅島で遊ぶゆえの準備を命じる。
IMG_5872
IMG_5878
IMG_5883

第6幕 急使奥辺戸に飛ぶの幕
千代松の使いとして、内通の御状を持って、奥辺戸の屋比久の元へ届けるために急ぐところ。
IMG_5888

第7幕 義は泰山よりも重しの幕
千代松は、屋比久に対して、明日は大主が津堅島から戻る日だから、敵を討ち取る作戦計画を部下にいいつけるように伝える。
屋比久は、神谷下庫理、謝名堂の子を呼び作戦計画を伝える。
千代松は、一同に対して心に落ち着きがなくては、しくじりの元になるから、よく心をおちつけて敵にかかろうと激励し、金松も口添えして頼む。

IMG_5893
IMG_5895
IMG_5896
IMG_5929
IMG_5937

第8幕 おごれる者の夢いずこの幕
大主一行は、心行くばかりの様々の遊びを終えて、津堅島から酔いつぶれて我が城に戻るところ。♪かんさいの歌

千代松「やあ大主、散っては根に還る花は咲きほこり、城に取り巻く香りを忘れることはないだろう。」と名乗りをあげる。
大主は、「にくいやつらが悪を企んでいる。供よ!きばれきばれ」と部下たちを励ます。
金松「ヤあ、多田名。上原の遺児「金松」が、うち出ることを忘れることはないだろう。」と名乗りをあげる。

戦いは、千代松側の勝利となる。
千代松「やあ屋比久、やあ金松、仇を討ち取った今日の喜びは、過ぎし按司殿も御知りになりましょう」と、一同に向かって喜びの言葉を述べる。
屋比久「みせること誠、あの世界のこの世ことあれば、過ぎし按司殿も御知りでありましょう。」と千代松に口添えする。
金松「やあ・・千代松よ、今日の喜びは何ものにもたとえられん、急いで母上にお知らせしよう。」と兄千代松に進言する。
千代松「やあ金松、嬉しい今日は亡くなった父上殿も連れだって、互いに踊り戻ろう。」と場面の総締めをする。♪かんさいの歌

IMG_5940
IMG_5954
IMG_5961
IMG_5966
IMG_5982
IMG_5986
IMG_5992
IMG_5995
IMG_6001
IMG_6021
IMG_6041
IMG_6050

多良間の豊年祭り(八月踊り)は「国指定重要無形民俗文化財」に指定されています。
旧暦の八月八日を「八月御願」の日として、その日が仲筋の「正日」で、次の日を塩川の「正日」、次の日を「別れ」(両字)として三日間行われる。

参考:多良間村公式ウェブサイト>>八月踊り

多良間島に関する過去の記事はこちらから
多良間島レポVOL1~VOL4

【多良間島に関する情報】
・多良間村公式HP
http://www.vill.tarama.okinawa.jp
・多良間村観光協会Facebookページ
https://www.facebook.com/DuoLiangJianCunGuanGuangXieHui?fref=nf
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

INSTAGRAMおきコレ公式 インスタグラム

    • DOWNLOADおきコレ公式 アプリ

      きょうの沖縄がまるっとわかる!沖縄の情報・ニュースアプリ
    • FACEBOOKおきコレ公式 フェイスブック

    • TWITTERおきコレ公式ツイッター

    © おきコレ All rights reserved.