「むんじゅる節の日」のイベント

島に渡った6.16は「むんじゅる節の日」でした。

粟国島は、琉舞の雑踊り「むんじゅる節」の発祥地で、6.16は、歴史・文化を保存、継承していくことなどを目的に、毎年、同日にイベントを開催しているそうです。

この日も、夜になると記念イベントが行われていました。

IMG_1281
「むんじゅる節」の歌に合わせて、踊りを披露する粟国村女性連合会の皆さん。華麗な演舞に会場も魅了されていました。

IMG_1268

IMG_1321

IMG_1289

〜むんじゅる節の歌詞と大意〜
一、むんじゅる平笠ちゅらむぬや 女童まちぢにちぃ据してぃ(ちゅらむぬや)
花染み手さじや前に結でぃ 二才惚らしむぬ(花染やう)
ニ、照喜名坂からやううなよ むんじゅる平笠かぶるなやう(津波古の)
津波古の主の前が な打惚れゆんどう(津波古の)
三、芋のまあさや唐かんだ 米のまあさやあかち米(神酒造ての)
神酒造てのまあさや 白はい唐かんだ(神酒造ての)
《大意》
一、むんじゅる平笠は美しい 娘さんの頭上にちょこっとのせて
花染手拭を帯の前に結んで 青年たちを虜にしている
ニ、照喜名坂を通るときは むんじゅる平笠をかぶってはいけませんよ
役人・津波古某が むんじゅる平笠を被った娘に惚れてしまうから
三、芋のうまいのは唐芋だ 米のおいしいのは赤地米である
神酒をつくって美味しいのは 白い唐芋だ

IMG_1231
青年会による「むんじゅる太皷」。島の若者たち力強い太鼓さばきに魅了されました。島で逞しく生きていく姿が目にうかびました。

IMG_1338
粟国中学校の皆さんが「むんじゅる節」を合唱しました。会場にいた村民の皆さんも一緒になって歌っていましたよ。

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

 

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf
・むんじゅる節の歌詞と大意参考
<ahref=”http://www.churashima.net/shimauta/12/index02.html”>http://www.churashima.net/shimauta/12/index02.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です