鮮やかな花にあふれる島の中

村内を散歩しました。色とりどりの花がたくさん咲いていました。

IMG_2092
ハマユウ荘から西港向けに歩いて5分のところです。見晴らしいいい場所で涼しい風が吹いていました。木陰からでると、太陽の光が突き刺さるように暑かったので「日焼け止め」は必須です。それからお水やお茶も持っていきましょう。

IMG_5969 IMG_5964
ハマユウ荘から東向けに下っていくと、観光案内所があります。私が訪れた際はお休みでしたが、はじめて島へ行く方は尋ねてみてはいかかでしょうか。通り沿いにあるので見つけやすいですよ。

IMG_5995
島に行くとついついやってしまいます。道路の真ん中にたって写真を撮る。交通量の少ない、のどかな島だからこそできることですね。

IMG_2087IMG_5972 IMG_5987 IMG_5941
ハイビスカスやブーゲンビリアが村内のいたるところで咲いていました。鮮やかな花々に迎えられて、嬉しい気持ちになりました。写真を撮っていても、いろんなアングルから撮りたくなります。

IMG_2150IMG_5905 IMG_2137
昆虫たちも花の甘い香りに誘われてやってきました。沖縄本島でもこのオレンジ色の花はあまり見かけません。しばらく、見入っていました。

IMG_5930 IMG_5900
月桃は島の産業にも大きく寄与しており、月桃を使った化粧水や石鹸も製造・販売されています。
株式会社ECOMAP(月桃加工施設)
http://www.ecomap.co.jp/index.html

IMG_5839 IMG_2143IMG_5825
IMG_2277
西港近くの公園です。西港から階段を上って10分くらいで行くことができます。広い公園で、遊具も充実していました。休憩する場所も多かったです。

IMG_2299
IMG_2292
ウォーキングコースもあります。夕日を眺めながら汗を流す村民の方もいました。家族連れで遊びに来ている村民の方もいて、子供たちが遊んでいる姿にほっこりしました。

IMG_6015
IMG_6052
可愛らしい椅子。普通の椅子よりも低かったんですが、なんとなく座り心地がよかったです。

IMG_2311IMG_2317
日が沈みかけたころ、船が南大東島に向かおうとしていました。

ちなみに、北大東島の村花は「ハマオモト(ハマユウ)」です。花言葉は「どこか遠くへ」「あなたを信じます」「汚れがない」。素敵ですね。

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【北大東島に関する情報】
・北大東村公式HP
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

燐鉱石の島からサトウキビの島へ

IMG_2168
あそこに見えるのは南大東島です。西港近く、燐鉱石の採掘作業後が残っています。大東諸島は今から約200年前にロシア艦船によって発見されました。艦船の名にちなんで「ボロジノ諸島」と名ずけれたました。

IMG_2216
明治時代になり、絶海の孤島に八丈島出身の開拓者「玉置半右衛門」がはじめて島に入りました。明治33年に南大東島、その3年後の明治36年に北大東島に上陸したと言われています。

IMG_2166
明治43年、玉置商会が階段式の露天掘り採掘事業を開始しましたが、軌道に乗せることができずに翌年に廃止することになりました。大正8年には、玉置商会から北大東島の経営権を受け継いでいた東洋製糖株式会社が燐鉱石採掘事業を再開させました。

IMG_2260 IMG_2234IMG_2213
第一次世界大戦により燐鉱石の価格が暴騰したことから、アルミナ鉄をの含有量が多く含まれていた北大東島燐鉱石は、肥料や火薬の元となる製燐の原料の他、戦闘機を作るアルミの原料に適していたことから採掘事業は活気を帯びていました。最盛期には台湾などからの出稼ぎで島の人口は約4,000人もいたそうです。

IMG_2214 IMG_2182 IMG_2180
昭和21年には、米軍政府により大日本製糖(昭和2年、東洋製糖は大日本製糖に合併)から南・北大東島が接収され、同年には開拓以降はじめて村制が施行されました。

IMG_2174 IMG_2178
昭和25年には閉山。その後は、甘蔗農業が本格化し、燐鉱の島は「サトウキビの島」へ転換していきました。

IMG_2095IMG_2115

島の歴史については、村が運営する北大東村人材交流センター・民族資料館で調べることができます。ハマユウ荘から徒歩5分圏内にありますので是非、行ってみてください。

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【北大東島に関する情報】
・北大東村公式HP
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf
・北大東村村政要覧

開拓から約1世紀の島

沖縄県のテレビ・新聞・ラジオ各社が提供する、ニュース・イベント・グルメなどの情報を発信しているアプリ「おきコレ」の離島情報ブログ!

わたくし、離島生まれ離島育ちのおきコレ編集部ライターNが、沖縄県民のみなさん、沖縄に興味のあるみなさんにもっと離島を知ってもらおうと、島々の観光名所、食、民宿、そのほか島民しか知らないようなおすすめスポットもたくさん紹介しています。

今月は、沖縄でもっとも早く朝日が昇る島として知られる「北大東島」をご紹介。北大東島ってどんな歴史や文化があるんだろう?島の有名な食べ物は?などを数回に渡ってお伝えします!

IMG_8059
北大東島へは、那覇空港から行くことができます。1時間ちょっとです。RACはとても乗り心地よかったです。船でも行くことはできますが、15時間の大航海になってしまいます。

IMG_8060
到着後はターミナルまで歩いていきます。多良間島でもこんな感じでした〜。

IMG_8061
懐かしさを感じさせる時刻案内板。1日1便。曜日によって経路が変わります。那覇→南大東→北大東→那覇、那覇→北大東→南大東→那覇の2パターンあります。島に行く際にはご確認を!ちなみに、ちなみに北大東島では、南大東島とは違い、航空機で上陸して滞在しようとすると、日帰りができません。

IMG_2095
沖縄本島の東方約360kmに位置する北大東村はさとうきびも有名です。すくすくと育っていました。

IMG_2054
北大東島は、珊瑚環礁が隆起してできた島で、中央部は盆地のように窪んでいます。盆地の周りを小高い丘が取り囲み、防風林として島を台風などの災害から守ってきました。

IMG_2191
断崖絶壁に打ち付ける波。風が強い日には、ご注意を。

IMG_2182IMG_2168
北大東島は八丈島出身の玉置半右衛門が約1世紀前に開拓した島です。燐鉱石採掘の後が今でも残っています。

IMG_2469
これは、船が港に入る前の準備作業です。船が着岸できないので、荷物や人をゴンドラにのせてクレーンで吊るして港まで運びます。その様子は、後日ご紹介します。

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【北大東島に関する情報】
・北大東村公式HP
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

アニーちゃんって!?

島のゆるキャラ「アニーちゃん」を知っていますか?

AAアイスのフタに描かれていたり、こどもたちと一緒に合唱していたりしている「あの可愛いらしい女の子」

IMG_1341
趣味は、踊ることと歌うこと。頭には、ソテツのかんざしで髪を結ってあります。手には、むんじゅる平笠とティーサージ(手ぬぐい)も持っています。

IMG_7969
島出身で当時、専門学生だった女の子がつくったキャラクターだそうです。島出身の子がつくるところが「愛」を感じます^^ほっこり。

IMG_1818
村内には「アニー号」というコミュニティバスが回送しています。バスにも可愛らしいアニーちゃんがプリントされています。

アニー号についてはこちらから:粟国村(交通)
http://www.vill.aguni.okinawa.jp/modules/pico/index.php?content_id=29

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

 

「むんじゅる節の日」のイベント

島に渡った6.16は「むんじゅる節の日」でした。

粟国島は、琉舞の雑踊り「むんじゅる節」の発祥地で、6.16は、歴史・文化を保存、継承していくことなどを目的に、毎年、同日にイベントを開催しているそうです。

この日も、夜になると記念イベントが行われていました。

IMG_1281
「むんじゅる節」の歌に合わせて、踊りを披露する粟国村女性連合会の皆さん。華麗な演舞に会場も魅了されていました。

IMG_1268

IMG_1321

IMG_1289

〜むんじゅる節の歌詞と大意〜
一、むんじゅる平笠ちゅらむぬや 女童まちぢにちぃ据してぃ(ちゅらむぬや)
花染み手さじや前に結でぃ 二才惚らしむぬ(花染やう)
ニ、照喜名坂からやううなよ むんじゅる平笠かぶるなやう(津波古の)
津波古の主の前が な打惚れゆんどう(津波古の)
三、芋のまあさや唐かんだ 米のまあさやあかち米(神酒造ての)
神酒造てのまあさや 白はい唐かんだ(神酒造ての)
《大意》
一、むんじゅる平笠は美しい 娘さんの頭上にちょこっとのせて
花染手拭を帯の前に結んで 青年たちを虜にしている
ニ、照喜名坂を通るときは むんじゅる平笠をかぶってはいけませんよ
役人・津波古某が むんじゅる平笠を被った娘に惚れてしまうから
三、芋のうまいのは唐芋だ 米のおいしいのは赤地米である
神酒をつくって美味しいのは 白い唐芋だ

IMG_1231
青年会による「むんじゅる太皷」。島の若者たち力強い太鼓さばきに魅了されました。島で逞しく生きていく姿が目にうかびました。

IMG_1338
粟国中学校の皆さんが「むんじゅる節」を合唱しました。会場にいた村民の皆さんも一緒になって歌っていましたよ。

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

 

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf
・むんじゅる節の歌詞と大意参考
<ahref=”http://www.churashima.net/shimauta/12/index02.html”>http://www.churashima.net/shimauta/12/index02.html

「むんじゅるの里」って?

粟国島は、「むんじゅるの里」と呼ばれています。

IMG_1014
そう呼ばれるようになったのは、琉舞の雑踊り「むんじゅる節」の発祥地が粟国島だからなのだそう。「むんじゅる」の意味は、麦わらという意味の「ムンガラ」「ムンジャラ」が転訛したもので、「むんじゅる節」の中にでてくる「むんじゅる平笠」とは麦わらで作った平笠という意味を言うそうです。

IMG_1013

以下、「6月6日「6・16(むんじゅる)節」制定宣言」について教育委員会の資料より
〜6月6日「6・16(むんじゅる)節」制定宣言〜
粟国村文化財保護委員会では、平成21年11月25日に「むんじゅる節」を「村指定無形文化財」として、指定いたしました。指定の告示の下、「むんじゅる節 粟国村無形文化財指定 平成21年11月25日」の指定版を「むんじゅる節」の歌碑の台座に取り付けることによって、広く村内外に「むんじゅる節」が、村指定無形文化財として位置づけられた事を証します。この度、村指定版を取り付ける日を、語呂合わせ的にも呼称できる6月16日(むんじゅる)とし、併せて、書きの趣旨から、「むんじゅる節の日」を制定します。」

《制定趣旨》
・本村発祥の「むんじゅる節の日」(6・16)を、文化的・学術的な見地から広く村民や県内外に啓発を図り、発祥の地としての不動の地位を図る。
・6月16日「むんじゅる節の日」を周年行事に位置付ける事によって、生徒・村民の意識を高め、あまねく県内外に知らしめその定着を図る。
・将来的に、「むんじゅる節の日」のイベントを工夫・企画し、誘客にも繋げる取り組みによって島興しを図る。
・伝統的な文化を継承・発展することによって郷土を愛する心の涵養を図る。
・その他
上記のことに鑑み、6月16日を「むんじゅる節の日」として、ここに制定致します。
平成22年6月16日
粟国村教育委員会
粟国村文化財保護委員会

IMG_1009
港から自転車で約20分の洞寺(テラ)公園には、「歌碑」とむんじゅる笠を持った女性の像がありあす。粟国島のマップには「ボタン」が搭載されており、それを押すと「むんじゅる節」が流れます。見晴らしいのいい場所で島風を感じながらむんじゅる節を聞く時間は癒しの時間でした。

IMG_0793
マハナにも「むんじゅる平笠」をイメージした休憩スポットがあります。むんじゅる節の歴史を知ることで、「屋根をなんでこのカタチ、色にしたんだろう〜?」ということが知れて嬉しくなりました。

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

 

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

お食事処なびぃー&喫茶まはな

島の「食事処なびぃー」お昼は食堂、夜は居酒屋になります。

IMG_0984IMG_0980 IMG_0982
メニューも豊富です。季節限定のメニューもあるそうです。

IMG_0977  IMG_7960
「沖縄そぼ」「肉そば」はオススメです。「沖縄そば」は、さっぱりしただし汁に味がしっかりとついている三枚肉が最高でした。「肉そば」は、ボリューム満点。男性の方にはたまりません。

IMG_7931 IMG_7924
夜は、泡盛と一緒に美味しいおつまみと。

【電話】098-988-2992【営業時間】11:30~14:30/19:00~21:00 、【定休日】日曜※お知らせなしで臨時休業する場合もあります。

島にはお食事処なびぃー以外にも、「丸三飯店(夜は居酒屋になります)」というお食事どころがあります。また、夜は「パーラー豊幸」がビアガーデンになります。夏の夜は星空を見ながらビールを飲むのもありですね^^

粟国島のショップやお食事処は粟国村観光協会のHPにも掲載されていますので、来島の際はチェック!!
http://aguni-kankou.jp/wordpress/shop_products/shop/

 

絶景スポットの「マハナ」から、徒歩3分。「喫茶まはな」はおしゃれな雰囲気の喫茶店がありました。

IMG_0988 IMG_0999
パークゴルフ場を併設していて、とても見晴らしがいい場所にあります。AAアイスや軽食もおいています。

【電話】098-896-5151(粟国村観光協会)【営業時間】月・火10:00~15:00、水~日9:00~18:00、【定休日】不定休

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf

民宿宝玉に宿泊しました

今回は民宿宝玉(ほうぎょく)に素泊まりで宿泊しました。IMG_1440

 

IMG_1375
部屋もきれいで快適に過ごすことができました。

IMG_1405

IMG_1407

IMG_1411
フロントには大きな魚の魚拓や昔、おじぃたちが畑や海にかぶっていったクバ笠が置いてありました。沖縄らしいですね。

IMG_1428
廊下にはたくさんサインもあり、著名な方も宿泊に訪れているようです!

IMG_1423
今回は素泊まりで食事は外で食べましたが、食堂にはコーヒーのセルフサービスもありました。

スライド1
N調べです。詳しくは宝玉にお問い合わせください^^

 

 

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【粟国島に関する情報】
・粟国村公式HP
http://www.vill.aguni.okinawa.jp
・粟国村観光協会
http://aguni-kankou.jp
・粟国アーカイブス
http://www.aguni-archive.jp
・おくなわ
http://www.okunawa.jp
・おくなわFacebookページ
https://www.facebook.com/okunawajp?fref=nf