瑠庵&島色(るあん&しまいろ)

マンゴーみるくかき氷
マンゴーみるく

かき氷のメニューは約20種類ほど。綺麗なブルーの器にふんわりと盛られたふわふわな氷。まるで降り積もった雪のよう。色鮮やかな「マンゴーソース」がたっぷり。みるくは、これまたかわいいピッチャーに。スプーンを氷にそっといれてみると・・・思った以上のふわふわさにびっくり。そして舌の上で一瞬にして溶けてしまいました。優しい余韻とマンゴーシロップの濃厚な美味しさが口の中いっぱいに広がります。美味しさの秘密であるシロップはほとんどが手づくり。どれも食材の風味や香り、色合いを活かしたものばかり。季節ごとのフレーバーもあるそうです。

突然現れる白玉
だいたい半分くらい食べすすめていくと中から白玉が2個、現れてきました。もちもちしていて、マンゴーシロップと絡み合ってとても美味しかったです。

手づくりシロップのかき氷専門店+陶房ギャラリー島色のうつわ「瑠庵(&島色」
瑠庵&島色看板
お店の外観
沖縄の空や海を思わせる色の器で美味しいかき氷が頂けると評判のお店です。オリーブグリーンに彩られたお店の外観がオシャレでとてもすてき!かき氷やさんというよりオシャレ雑貨屋さんみたいな雰囲気が漂っています。

店内の様子㈪
お店のドアを開けると、期待以上のオシャレ感。店内にはおとなりの陶房ギャラリー「島色」さんで作られたやちむんが綺麗に飾られていました。沖縄の海の色をぎゅっと閉じ込めたような美しすぎるブルーのやちむんがたくさん。
気に入ったものは購入もここで出来るそうです。

瑠庵&島色(るあん&しまいろ)
住所:沖縄県うるま市与那城桃原428-2

TEL:050-3716-4282
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜定休
HP:https://www.facebook.com/ruanshimairo

陶房Gallery島色
陶房㈰
店内の様子㈫ 壁にディスプレイされたやちむん
住所:うるま市与那城桃原428-6
営業時間:13:00~19:00
定休日:月~木曜日・第二日曜日
HP:http://shimabukurokatsushi.web.fc2.com/

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

宮城島の湧水 タチチガー

宮城島の湧水 タチチガー
IMG_2685
1854年頃村人によって作られたと伝えられています。古くから池味集落の飲料水として利用されており、現在は農業用水として一部の農家さんが利用されているとのこと。

IMG_2687
大きな池にはきれいな水で満たされていました。とっても涼しげです。宮城島には23もの湧水があるそうです。車を降りてお散歩しながら宮城島の湧水めぐりはいかがでしょう?

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

宮城島の湧水 ヤンガー

宮城島の湧水 ヤンガー
ヤンガー
1849年頃に作られたと伝えられている、宮城島上原にある湧水。昔は子供が生まれるとここの清水で産水(うぶみず)をとったと言われており、うぶ川とも呼ばれています。水質に優れ、湧水が豊富な宮城島でも一番の水量を誇る泉(カー)です。立派な石造に湧き口が二つ。この石造の改修工事の記録は琉球政府の歴史書(球陽)に記録されているとのこと!とても歴史ある場所ですね。

与那城町文化財看板
与那城町文化財にも指定されています。毎年、正月には若水(ワカミジ)を取る「ウビナディ-」と呼ばれる行事が行われ、この地域に暮らす人々はヤンガーを拝みながら1年の健康を祈るとのこと。現在での日常生活に欠かせない貴重且つ神聖な水源となっています。

溜池
こんこんと湧き出る水が流れ落ちる音はなんとも心地よくとても癒されます。大きな溜池があり魚達が悠々と泳いでいました。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

シヌグ堂(バンタ)&高離節

シヌグ堂(バンタ)&高離節
シヌグ堂バンタ
宮城島中央部の高台に位置する「シヌグ堂バンタ」。バンタとは沖縄の言葉で断崖のこと。海沿いからさとうきび畑を抜け、集落をとおりながらちょっとだけ急な坂道を進んでいきます。シヌグ堂遺跡とも呼ばれており縄文時代後期の遺跡でもある、とのことです。その他にも「高離バンタ」という別名もあります。

眼下には伊計島が
展望台がある崖からは集落と海が一望できます。すこしだけわかりづらい場所にあるのでかなり穴場な絶景スポットです。遠くに見える伊計島もとてもキレイで素敵です。

島流しの遭った女性が宮城島での暮らしを歌った歌碑も建てられていました。
歌碑

高離島や 物知らせどころ
にや物知やべたん 渡ぢたばぅれ  真亀
(タカハナリジマヤ ムヌシラシドゥクル
ナムヌシヤビタン ワタチクボリ まがみ)

大意:高離島はさまざまなことを教え悟らしてくれるところです。離島の苦しみ、人の情け、もう十分に思い見ることができました。私の生まれ育った彼の地に、願わくばわたしもこの命あるうちに還りつけますことを・・・

真亀の夫・平敷屋朝敏は封建の世を生きる作家の困難を体現し、王府によって処刑されました。それに伴い、真亀は士族の身分を追われて農民へと落とされ、宮城島に流されました。貧しい中で接してくれた人々への感謝の念と故郷に戻りたいという消せない願いが込められてます。文学と政治、真亀と島の先人の辛苦が300年の時を越えて伝わってきます。(HPより)

なんだかとても切ない、ですね。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

はなり御嶽

はなり御嶽
はなり嶽
宮城島にあるパワースポット「はなり御嶽」。観光工場「ぬちうなー(命の庭)」敷地内に位置します。
「御嶽」とは琉球の信仰における聖域をさします。

はなり嶽説明
『はなり御嶽』は『果報バンタ』『三天御座』が所在する小高い杜全体の呼称だそうです。このあたりで一番高くなっている場所で、一帯そのものに清らかなパワーがある場所とのこと。
三天御座の鍾乳洞の背後には宮城島で一番大きな琉球石灰石があり、龍神風通から流入したエネルギーはここで受け止められているそうです。

はなり嶽 ゆり
なんだかここに立っているだけでとっても神聖な気持ちになりました。『果報バンタ』『三天御座』『龍神風通』『はなり御嶽』で偉大なるものからエネルギーをもらい、人間に取って絶対必要な塩『ぬちまーす(命の塩)』を作っている『ぬちうなー(命の庭)』ここは完璧すぎるくらいのパワースポットですね!ぜひ、一度足を運んでエネルギーをチャージしてみてください!

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

龍神風通

龍神風通
龍神風通
宮城島にあるパワースポット「龍神風通」。観光工場「ぬちうなー(命の庭)」敷地内に位置します。
沖縄では海の神様は竜宮神です。その竜宮神のエネルギーが、龍神風通を入り口として末広がりに「ぬちうなー」の敷地内に流れこむそう。
ここから木々の合間を通してやや右方向には浜比嘉島、そしてその先に沖縄の聖なる島と言われる「久高島」が一直線に並んでいます。特に心と身体の健康、元気になりたい方、
病後の方、新しい何かに挑戦される方、人生をパワーアップしたい方に最適なスポットです。たくさんたくさんお祈りしてきたので、これからさらに元気になれそうです!いろんなことにもチャレンジするぞ!

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

三天神座(ミテンウザ)

三天神座(ミテンウザ)
三天神座
パワースポット「三天神座(ミテンウザ)」。観光工場「ぬちうなー(命の庭)」敷地内に位置します。
たくさん根を広げて大地に根付くガジュマルと、ソテツに守られながら2011年4月に見つかった小さな鍾乳洞。ぬちうなーの聖地の中心、心臓部分に当たるそうです。

三天神座 龍樋
沖縄では、天、地、海(竜宮神)の3つの神様が居て、三天御座はその3つの神様が集まる場所と言われています。
企業のトップに立たれる方、組織のまとめ役、何かの中心になって物事を進めて行かなければならない方、家族の太陽としてしっかり家を守って行く女性など「要」となるエネルギーのお福が頂ける聖域にだそうです。
右か左か人生の岐路に立った時、しっかりと覚悟を決める時に最適なエネルギーが頂ける、より豊かな人生を満喫されたい方に最適なパワースポットです。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

果報バンタ

果報バンタ
果報バンタ
沖縄本島の中部、うるま市与那城にある宮城島にある絶景スポット「果報(かふぅ)バンタ」
東洋一長い海上にのびる道路「海中道路」を渡り、平安座島を経由して辿り着くことが出来る「宮城島」。その宮城島の高台に建つ赤瓦の建物「ぬちまーす(命の塩)」の観光工場「ぬちうなー(命の庭)」敷地内に位置します。
沖縄の方言で「幸せ岬」を意味する『果報バンダ』。沖縄のパワースポットでもあります。

果報バンタ説明
藍色・コバルトブルー・エメラルドグリーンと繋がる青のグラデーションは思わずため息がこぼれるほどの美しさ。
壮大なパノラマビューの景色を眺めていると身も心も浄化され、きっと誰もが幸せな気分になること間違いなしです。眼下に広がる「ぬちの浜」には、満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそう。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

ぬちまーす工場

ぬちまーす工場
ぬちまーす工場外観
『ぬちまーす』は沖縄を代表するお塩のひとつ。お土産品店においてあることも多いのでご存知の方もおおいのではないでしょうか。沖縄のことばで「ぬち」は命。「マース」は塩。命の塩の名をもつ『ぬちまーす』は沖縄の美しい海水100%で作られています。

ぬちまーす ビン詰㈪
海の結晶とも言えるほどのたくさんのミネラル分を含有しています。

ぬちまーす ギネス
あのギネスブックにも認定されています。

『ぬちまーす』の工場見学に行ってきました。
ぬちまーす 塩だるま
入り口では雪だるまならぬ塩だるまがお出迎えしてくれます。

ぬちまーす 工場見学
工場は年中無休。施設内を無料で見学することができ、素敵なガイドさんもいました。工場内には塩が出来るまでの幾つかの過程がプレートで表示されていますが、やっぱりガイドさんのお話を聞きながら周るとよりわかりやすいですね。所要時間は約20分程度です。

2階ショップ
工場の2階にはショップ&レストランがあり、作りたてのお塩やお土産品などがところ狭しと並んでいます。レストラン「たかはなり」にはぬちまーすを使ったお料理と塩スイーツが用意されています。

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
一般社団法人うるま市観光物産協会 http://uruma-ru.jp/areaguide/rito.html

宮城島 × 2015イチハナリアートプロジェクト+3

沖縄県のテレビ・新聞・ラジオ各社が提供する、ニュース・イベント・グルメなどの情報を発信しているアプリ「おきコレ」の離島情報ブログ!

わたくし、離島生まれ離島育ちのおきコレ編集部ライターNが、沖縄県民のみなさん、沖縄に興味のあるみなさんにもっと離島を知ってもらおうと、島々の観光名所、食、民宿、そのほか島民しか知らないようなおすすめスポットもたくさん紹介しています。

今回から数回にわたり、橋がかかった島。つまり、飛行機や船に乗らなくても行けちゃう島。 本島中部にうるま市にある「宮城島」「浜比嘉島」「平安座島」「伊計島」を、9月12日〜27日に開催された「2015イチハナリアートプロジェクト+3」の様子と一緒にご紹介します!

2015イチハナリアートプロジェクトとは IMG_0718
勝連半島から太平洋に手を伸ばす島々のなかでも一番離れた伊計島を古くから「イチハナリ」と呼んでいます。 その「イチハナリ」を舞台としたアートによる島おこしが「イチハナリアートプロジェクト」です。

4回目を迎えた今年は、伊計島に加えて宮城島・浜比嘉島・平安座島、そして海中道路でバライティに富んだアート作品が展開されました。

アートプロジェクトが始まったのは今から3年前で、今回はなんと「1万8千人」を超える方がイベントに訪れたそうです。 さて、今日は「宮城島」をご紹介。 宮城島といえば『ぬちまーす』ですね。塩の作り工場が有名ですが、今回はアートを楽しみながら島をゆっくり歩いてみることにしました。

IMG_0975
宮城島はドライブコースとして有名です。海中道路から島に渡る際、たくさんの壁画を見ることができます。

IMG_0957

IMG_1070
宮城島は、アップダウンが激しかったです。島の中央部に位置する「シヌグ堂(バンタ)」からは集落と海を見渡すことができました。

個性的な作品の数々。
IMG_1091 IMG_1180 IMG_1197 IMG_1099

IMG_1044
こちらの作品は、普段は人が住んでいるお家を使わせていただいたそうです。個性的な子豚と古民家のコラボ。とても癒されましたね〜。

IMG_1007 IMG_1013 IMG_1006 IMG_1092
赤瓦家など昔ながらの風景が残っていました。

IMG_0979 IMG_0994
集落の中は、道路も狭くアップダウンも激しいので、ドライブ途中に車から降りて散歩するのがいいかも。

IMG_1194
島には売店が地区ごとに数件あります。島に入ったすぐの桃原地区には「桃原売店」島の高台にある上原&宮城地区には「宮城共同売店」「新里商店」があります。お菓子や飲料水が揃っています。

IMG_1192 IMG_1189

宮城島へのアクセス方法
[バス]沖縄バス・琉球バス 那覇→屋慶名(2時間)→宮城(25分)
[車]西原インター沖縄北インター→与勝→海中道路→平安座島→宮城島(約2時間30分)

アプリ「おきコレ」iOS版はこちら。 https://goo.gl/PKFPfq
アンドロイド版はこちら。 https://goo.gl/PQMKl0

【宮城島に関する情報】
・一般社団法人うるま市観光物産協会
【イチハナアートプロジェクトに関する情報】
・イチハナアートプロジェクトFacebookページ