独自のスパイス「ピィヤーシ」のお店、 「そば処 竹の子」

竹富ならではのお土産見つけました!
ジューシーな八重山そばと、独自のスパイス「ピィヤーシ」のお店、「そば処 竹の子」

石垣島から船で竹富島にやってきました!天候にも恵まれ、元気に遊びたいところですが、朝食を抜いたせいで、たった15分ほどの船移動で、船酔いをしてしまいました…(みなさん、船は万全の体調で乗りましょう!)

takenoko_000

船着き場から、さらに集落までのバスで移動(たったの3分)…苦しい…苦しいです…

乗り物酔いを治すには、とにかくなにか食べなければと、竹富島の集落の魅力的な景色をさしおいて、
バスで到着した集落の南部から、近いところにある「そば処 竹の子」に入りました。

takenoko_001

外観、竹富島なだけあって素敵です!メニューもお腹に優しそうなものばかり、ありがたいです!

takenoko_002

店内は10席ほどのテーブルと、畳の席。私が入った平日11時台では、ほぼ満席!人気店なんですね。ピークの時期は、早くから行列になるそうで、私が食べ終わる頃には、お店の外で何組か待っていました。

takenoko_003

おすすめの八重山そばを注文。

takenoko_004

小さいけど、しっかりジューシーなお肉と、スープは、カツオのだしがしっかり効いていて優しい味でした。

そして、スパイス好きの私の目に止まったのが、くちゅ(コーレーグス)と、ピィヤーシ!

takenoko_005_a

ピィヤーシ!?

takenoko_005_b

ラベルを見てみると、竹富名物、店名「竹の子」と書いてあります。

takenoko_006
こちらで作られているんですね!これは味見せねば!!

takenoko_007

コショウと少しシナモンのような香りがします!美味しいです!!

takenoko_008

こちらのとおり、ピィヤーシは、竹富島にあるコショウ科の植物だそうです。中国では、漢方にも使われるのだとか。
そして、こちらのお店の奥で手作りされているのだそうです。

takenoko_009

お土産用のピィヤーシも購入できるのですが、日によっては売り切れることもあるそうなので、午前中に行って正解でした!

お店の入り口にもよく見ると大きなピィヤーシ印がありました!

takenoko_010_a

takenoko_010-_bjpg

そば処 竹の子
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1

電話番号:0980-85-2251
営業時間:ランチ/10:30~16:00(不定休)ディナー/不定期営業
定休日:不定休

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0