鰹が空飛ぶ伊良部島その5〜島の絶景&島のみどころ、ありんくりん〜

みなさん、こんにちは!おきコレ編集部です。島あっちいツアーの離散式が終わり、帰りの飛行機までちょこっとだけ自由時間があったのでレンタカーを走らせ伊良部島・下地島の見処をめぐってきました。息をほどに美しい海の青さに、こころから酔いしれました。やっぱり離島って・・・最高さぁ(*゚▽゚*)

伊良部島・下地島の地図
改めて伊良部島・下地島についておさらい。世界屈指の美しいサンゴ礁の海を有する宮古諸島のひとつで宮古島の沖合約4kmの距離にあります。2015年に伊良部大橋が開通するまでは平良港から佐良浜港までは定期船が運行されていました。伊良部島の隣には下地空港を有する下地島があります。二つの島は水路で隔たれておりいくつかの橋でつながっています。伊良部島一周は下地島を含めて約30kmで、車で約45分、自転車で約2時間45分。主な産業はカツオ漁とサトウキビなどの農業。抜群の透明度を誇る海は世界中のダイバーの憧れでもあります。
15078860_931029037029237_6230239620489894045_n

通り池
下地島北部の海岸付近にある天然記念物にも指定されている国の名勝地です。ぽっかりと口を開けた大小の二つの池が並んでいます。この二つの池は水深25mの地点で外海へとつながっており、ダイビングスポットとしても有名な場所です。運がよければ浮上してきたダイバーさんを見かける事ができます。通り池のダイビングの人気の理由は水の色の変化が楽しめるということ!行きと帰りで色が違うんです。水温や光の加減で多少異なりますが通り池の下の水はグリーンに輝いており、水面へ浮上する際にはケモクラインと呼ばれる水質の違いから発生する現象で質感や色彩が異なる不思議で幻想的な現象を見ることができます。通り池から海に戻る時には透明度が高く青すぎる紺碧の青が目の前に広がっています。また潜りに行きたいな。また、継子伝説やユナイタマ伝説といういくつかの伝説が残る神秘的な場所ででもあります。
img_6845
img_6847img_6854

牧山展望台
伊良部島で一番高い場所にあり、伊良部町の町鳥で秋に飛来する渡り鳥サシバをモチーフとして作られた展望台です。駐車場からちょっとだけ距離がありますが歩いて行く価値あり!この展望台から見える景色はまさに絶景!ぜひ立ち寄ってほしい場所のひとつです。
img_6897img_6900
眼下にはブルーの絵の具を溶かしたようなキレイなブルーグラデーションが広がっています。息を飲むほどの綺麗さに思わずうっとり。どれだけ見ていても一向に飽きません。時間の経過とともに変化する海の美しさにこころから酔いしれました。
img_6916
遠くには伊良部大橋や来間島も見えます。
img_6919
下地島空港 17END
おきコレ編集部が世界中で一番好きな場所。下地島17END。かつてパイロットの訓練場として使われていた下地島空港の沖合に伸びる日本一美しいと言われている桟橋です。真北を0度とし、170度の方角に向かって航空機が着陸してくるということから「17END」と呼ばれています。
img_7005
海の青さがとにかく尋常じゃないっ!赤い桟橋とキラキラと輝く17ENDのブルーとのコントラストはまさに絶景!ここは『天国に一番近い桟橋』とも呼ばれています。
img_6948img_6960
絵葉書のような絶景がすぐそこに広がっています。潮も引いていたのでもうちょっと時間があればテトラポットの下までおりて撮影したかったんですけどね。残念。みなさんにもこの景色を一度生で見て欲しいです。一生ものの感動に出会える事、間違いなしです!これ保証付き(*゚▽゚*)
15134710_931020733696734_2225125756747929412_n
フナウサギバナタ展望台
伊良部島の北側の断崖にある展望台。 伊良部町の町鳥で秋に飛来する渡り鳥「サシバ」を形どっていて、羽を大きく広げた姿は、ここから今すぐでにも飛び立とうとしているかのように見えます。
15171276_931022637029877_5534573699833066452_n15134684_931022733696534_1696843255985822571_n15192713_931022660363208_890684640057656672_n
展望台からは宮古島・池間島が見渡せます。万座毛を彷彿させるような断崖の下にはコバルトブルーの海が広がっています。
15135827_931029047029236_1274364729588151973_n15134664_931022763696531_2834679123819490690_n
コンビニエンスストア、あります
現代人にとって、なくてはならないコンビニエンスストア。いつの間にか伊良部島にもファミマが進出していました。品揃えは沖縄本島とほぼ同じかな。ぐるりと1周してきたので伊良部島唯一のファミリーマートでひと休憩。名残り惜しくて仕方がないのですが・・・・飛行機に遅れるわけにもいかないのでお土産を買いながらレンタカーの返却へと向かうことに。
img_7014img_7012img_7010
伊良部島の名産品いろいろ
最後にと佐良浜漁港近くのお土産屋さんに立ち寄り伊良部島のお土産を物色してきました。カツオの塩辛や南蛮漬けなど海の幸の加工品がいろいろ並んでいます。どの商品も試食ができるのがうれしい。
img_6890
カツオの塩辛は珍味として人気のお土産品!
15181288_931024057029735_6172157133422055779_n
伊良部島のお土産と言えばなまり節は外せません!店頭には出来立てほやほやのなまり節が並んでいました。
img_6891
南蛮漬けや佃煮なども!南蛮漬け美味しかったな~また食べたい!ごはんが進む味!
img_6892img_6893
伊良部大橋
2015年1月に開通したばかりの伊良部大橋。通行料金を徴収しない橋としては日本最長。その長さは3540m!3(サン)5(ゴ)のし(4)ま(0)の語呂合わせとのこと!それにしても伊良部大橋からの眺めは・・・絶景ですっ!どこをどう切り取っても絵になります。
img_702415032334_925558564242951_7035518032847193860_n
橋の駅
伊良部大橋のたもとにある「橋の駅んみゃ~ち」
宮古島限定ソーダや伊良部大橋グッズなど地域限定品がところ狭しと並んでいます。
駐車場も広めなのでドライブの休憩にもぴったりな場所です。伊良部大橋の撮影にも人気の場所のひとつです。
15107384_931027227029418_4886657115806473091_n
宮古島サイダー雪塩味&黒糖味 ¥250-
さっぱりとしたラムネ風の雪塩味と予想以上に濃厚な味わいの黒糖味の2種類。どちらも口の中で塩の風味がふわっと広がり後味すっきり!にっこりと笑うシーサーのラベルもかわいい!
14963369_924793844319423_576482085356793767_n
15085459_931027240362750_1401466980542862932_n
15037071_925558384242969_4734189162622463301_n15085634_925558404242967_1208075711705137738_n
巨大シーサーの滑り台
宮古島市内のカママミネ公園にある巨大シーサー滑り台。ここからの眺めが大好き。実はおきコレ編集部の思い出の場所だったりします。
15056307_925558040909670_6951864883565791541_n
別れの時間
楽しかった島あっちいツアーも終わりの時を迎えました。たのしい時間はあっと言う間。名残り惜しすぎて意味もなくあっちこっちお散歩してみたり・・・往生際が悪いでよすね。
15181596_931029073695900_6910372769733284358_n15181297_931029137029227_404954847873235729_n
空港のロビーに記念スタンプ、あります。
14963231_925557950909679_6703060703228492995_n
帰りの航空券を受け取り・・・空港内のお土産屋さんも散策してみることに。
14993541_924164917715649_8572570891483934280_n
おっと!最後に忘れちゃならない・・・伊良部島名物うずまきパン!
伊良部島の名物スイーツと言えばふわふわパンに砂糖のじゃりじゃりした食感が楽しい、こってりクリームがくるりと巻き込まれた「うずまきパン」 素朴な味わいが人気のロングヒット商品です。カットされていないうずまきパンは、けっこう・・・ずっしり。パンというより『まくら』みたい(笑) 2Fのお土産屋さんにはさまざまなパン屋さんのうずまきパンが並んでいました。
14980607_925557904243017_7913736925942667932_n
img_7072
うずまきラスクもあります。思った以上に美味しくて、実はけっこうハマっています。カリカリサクサクになったクリーム部分がとってもいい感じ。確か1個¥120-だったかな。日持ちもするのでお土産にもオススメです。
img_7077
ありがとう・・・伊良部島。また必ず帰って来るね!
こころの中でそう呟きながら飛行機へとのりこみます。後ろ髪引かれまくりです。
15109478_931029177029223_7638462257134497757_n
宮古島空港が、宮古島が伊良部島が。どんどん遠く離れていく・・・めっちゃさみしい。ちょっとだけうるうるしながら旅の余韻に浸るおきコレ編集部なのでした。私の大好きな伊良部島&宮古諸島はみどころたくさん!お天気の良い日の伊良部大橋ドライブは最高です!みなさんもぜひ伊良部島&宮古諸島へと足を運んでみてくださいね!島のあちらこちらでみんなの安全を見守る『宮古島まもるくん』も待っていますよ~(*゚▽゚*) 以上、おきコレ編集部でした。
img_7067
15202588_931029273695880_7414681126885372114_n
15135793_931029290362545_7323077918637650160_n

宮古島と周辺離島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

鰹が空飛ぶ伊良部島その4〜大人の修学旅行民泊体験《後編》〜

みなさん、こんにちは!伊良部島を満喫したおきコレ編集部です。

大人の修学旅行2日目の午後は「漁師めし作り体験」をさせてもらいました!1日目に仕込んだなまり節をつかって各民泊先で調理を行うというもの。気分はさながら家庭科の調理実習!めっちゃ楽しみですo(^o^)o
14993552_706961352785510_8722870518100307653_n
新里家チームはキュウリとゴーヤを使ったさっぱり和え物を作ることに。出来上がったばかりのなまり節を粗めに裂きます。味付けはめんつゆとポン酢、そしてごま油。お母さんオススメのレシピ♡
15095629_925389334259874_3722466929817129037_n
スライスしたキュウリを塩もみ!
15036586_925389344259873_8925870541186879880_n
玉ねぎをスライス!今日一番の笑顔を作っていますが実のところ玉ねぎが目に染みて・・・涙が止まりませんでした。。。
14962654_925416967590444_8937272243706843350_n
ゴーヤも薄くスライス!ちょっとだけ水にさらして苦味を取ります!
14993464_925389407593200_576696706083131897_n
共同作業、楽しいっ!女子が集まれば、笑いもおしゃべりも・・・止まりません(*^ω^*)
14991956_925417004257107_4428271520405830781_n
すべての材料を混ぜ合わせ、新里家特製なまり節のさっぱり和え完成!実はこのあと・・・各民家先でこしらえた漁師めしを持ち寄って親睦会が行われる予定なのです。料理もそうですがみんなで集まってワイワイ出来るなんでうれしすぎます!!めっちゃ楽しみ~!
15036474_925389474259860_8330122695533360865_n
今日の親睦会の会場はこちら!佐良浜にある「カラオケ1番地」さん。持ち込みOKってすご~い!
15094929_925420987590042_1119965091630116424_n
お酒やお刺身、各民家先で作られた美味しそうなお料理がテーブルいっぱいに並びます。めっちゃ豪華~!どれもこれも美味しそう!ついつい食べ過ぎて、飲み過ぎて・・・しまいました。体重計に乗るのが恐ろしい・・・・
img_6863
img_6865img_6866 img_6867
15203133_930610143737793_5528803977950595563_n
新里家のお父さんとハイ、チーズ!この時点でワタクシ・・・すでにほろ酔い気分です。
15032861_925417057590435_3737053768732083413_n
各チームごとに出し物を披露しました!みなさんお見事!芸達者!!新里家チームはお父さんの歌声に合わせてフォークダンスを踊りました(*^ω^*)
img_6874
歌いまくり、はしゃぎまくり。笑いまくり・・・
15193478_930610070404467_4812634247927310053_n
飲みまくり食べまくり・・・語りまくりました。
img_6870
ママさんの歌声に酔いしれ・・・
img_6872
若いパワーをちょっとだけ羨ましがってみたり・・・
img_6876
楽しい時間はなんでこんなにもあっと言う間に過ぎ去ってしまうんでしょうかね・・・久しぶりにお腹を抱えて笑いました。親睦会がお開きになったあと、新里家に戻った我々はまたもや「オトーリ」を廻して廻して廻して・・・最後はあまり記憶もないので写真もあるはずなく・・・こうしていつの間にか2日目の夜が更けていきました。ワタクシ満喫しすぎました汗
最後の晩餐
前日の親睦会&オトーリが効いてちょっぴり二日酔いで迎えた最後の朝。お母さんの作ってくれたお味噌汁がじーんと染み込みます。これを食べ終わったら・・・・もう島あっちいツアーも終わってしまうんだなと思うと、なんだかセンチメンタルな気分に。お味噌汁の味が、旅の思い出がこころの奥深くまでじんわりと染み込みます。不安と期待で始まったこの旅も振り返ってみれば楽しいことばかり。涙が出そうになりながら最後の朝ごはんを、頂きます。
15055659_930622340403240_1071812854482187254_n
一緒に過ごした仲間たち。この貴重な出会いに心から感謝!前日飲みすぎたせいで顔がパンパンなのは・・・ご愛嬌ってことにしてくださいませ。
15203202_930622387069902_6091593727139957868_n
看板犬のサクラを抱え離さない女子高生。サクラと離れたくない・・・気持ちはよくわかりますっ!私だってできることなら連れて帰りたい。というかこのまま伊良部島に住んじゃいたい。
15109633_930628770402597_371417255401770416_n
最後にみんなで記念撮影。2泊3日という短いあいだでしたが、とても濃厚でめちゃくちゃ楽しくて、何者にも代え難い貴重で特別な時間を過ごす事ができました。本当にありがとうございました!またすぐに伊良部島に帰ってきますねっ!ワタクシ、今度は涙で目が腫れてますがどうか許して。
15094854_930628740402600_8863283083876631742_n
別れの時。島あっちいツアー離散式
午前10時。伊良部漁協で島あっちいツアーの離散式が行われました。普段は小学生や高校生の民泊を受け入れているという民家さんですが、なんと大人民泊は初めての受け入れだったそうで、この企画がうまくいくかどうかコーディネーターの普天間さんを始め各民家さん方も終始ハラハラしていたそうです。みなさんが来てくれてよかったというお父さんの挨拶に思わずホロリ。こちらこそ伊良部島に伺う事が出来て本当によかったと心から思いました。島あっちい事業の今年度の申し込みは終了していますがまた次年度以降も続くそうです。倍率が上がってしまうと困るので個人的にはあんまり宣伝したくないのですが、島あっちいでは通常の旅行では味わう事が出来ない、島人の息遣いを感じることができる貴重な体験をすることができます。来年以降も島あっちいの企画は続くそうなのでみなさんもぜひ応募してみてくださいね。最後に一言・・・今まで何度となく訪れた事がある伊良部島でしたが今回の旅は今までとはまったく違う経験をたくさん積むこともでき、格別に思い出深いものになりました!伊良部島を選んで本当によかったとこころから思っています!お世話になった島のみなさん、ツアーで一緒になったみなさん、本当に本当にありがとうございました。以上おきコレ編集部でした。
15094474_930622487069892_2083105492199051814_n

伊良部島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

鰹が空飛ぶ伊良部島その3〜大人の修学旅行 民泊体験《前編》〜

みなさん こんにちは!おきコレ編集部です。今回も伊良部島からお届けします。島あっちいでは、なまり節体験の他に民泊体験や家業体験、漁師めし作り体験もしてきました。

現在、伊良部島では60件を超えるお宅が民泊の受け入れをしているそうです。今回の島あっちいでは4件の民家さんが私たちを受け入れしてくれました。おきコレ編集部がお世話になったのは佐良浜中学校近くの新里さん宅です。実はワタクシ、民泊初体験!ちょっぴりドキドキ・・・不安と期待を抱えながら新里さんのお宅に到着しました。玄関では笑顔のシーサーと看板犬のトイプードル「サクラちゃん」がお出迎えしてくれました。愛嬌たっぷりな「サクラちゃん」のおかげで少し緊張が和らぎました。これから2泊3日、どうぞよろしくお願いいたします(*゚▽゚*)
img_6781
佐良浜中学校
img_6774
伊良部島の風景
img_6773
看板犬のトイプードル「サクラちゃん」
人懐こくてめちゃくちゃかわいい!まるで動くぬいぐるみ!
15032783_925393244259483_7423063984558617760_n
美味しいお夕飯に舌鼓!
今回の島あっちいツアーの参加者は総勢19名。民家さん1件あたり4~5名ずつ割り当てられていました。おきコレ編集部含む女性4人が新里さん宅にお世話になることに。他の参加者さんとも初顔合わせでしたが、みなさん優しくてとても素敵な方ばかり。すぐに打ち解けることができました。さながら大人の修学旅行、と言った感じです。もしかしたらこの先2度と味わう事が出来ないかもしれないんじゃないかと思えるほどとても貴重な時間を過ごす事ができました。お風呂に入ったあとお母さんが作ってくれたお夕飯をみんなで頂きました。大勢で食べるお食事って本当に楽しいですね!美味しさも倍増です。まずテーブルに現れたのは捕れたて新鮮なパパイヤで調理されたパパイヤチャンプルー!シンプルな味付けですが箸が止まらない、絶妙な美味しさです(*゚▽゚*)
15078906_925393224259485_8094177558642684043_n
次に現れた冬瓜と軟骨ソーキのおつゆが、もう・・・絶品!じっくりコトコトと煮込まれたとろ~りスープには素材のもつ旨みとコクがたっぷりと溶け出していました。美味しさだけでなく新里さん御夫婦のおもてなしのココロもたっぷりと溶け込んでいました。美味しさと優しさと温かさに包まれた食卓をみんなで囲み、幸せな時間を過ごすことができました。
15032304_925393234259484_5213671736275616253_n
お夕飯のあとは・・・・やっぱりオトーリ!
おいしい夕食のあとは・・・伊良部島名物「オトーリ」のはじまりです。民泊先のお父さん新里さんのご挨拶で「オトーリ」スタート!笑いが絶えない楽しい時間でした。いつの間にか緊張もほぐれ、あっと言う間にほろ酔いを通り越してベロベロに。こうして笑顔に包まれたまま1日目の夜が更けて行きました。
15085572_925399504258857_1421824858603964930_n
2日めの朝ごはん
夕べはみんな飲みすぎたからね・・・とお母さんがゆし豆腐を作ってくれました。ちょっぴり二日酔いの朝にはこれ・・・一番うれしいんですよね。さすが伊良部島のお母さん。よくわかってらっしゃる。あ~お母さんのやさしさが、ゆし豆腐の美味しさが五臓六腑にじんわりと染み込みます。。
15085565_925393267592814_5577324143043854283_n
朝ごはんのあとは家業体験!
普段伊良部島消防署で働くお父さんですが、その合間にサトウキビ畑のしごともこなしているそう。「見える範囲全部おとうさんのキビ畑だよ」とお父さん。こ~んなに広い畑での作業をお父さんおひとりでされているとのこと。お父さんの働きぶりに関心しきりのおきコレ編集部です。
15094304_925393630926111_4681058126080842080_n
キビの苗作り初体験!
大きく育ったサトウキビを刈り取り、まわりの皮を剥ぎます。1本のサトウキビを大体5~6分割してキビ苗にします。「節の部分から新芽が生えるから、節と節のあいだを切ろうね」とお手本を見せてくれました。
15178948_930438980421576_2246970225207291144_n
15078721_925393360926138_271023252013349138_n
お父さんのお手本を見ながら「ふんふん、なるほど。これなら私にも出来そう!」と見てる限りでは簡単そうに思えたのですが、見るのとやるのでは大違い!!!実際にやってみると・・・あれれ?狙ったところにナタが入らない。何度も何度もナタをふり下ろしてみますがどうやっても同じところに刺さらない。あれ?全然切れてない。苗作りどころか傷だらけになった無残な姿のサトウキビが。見るに見かねたお父さんがコツを伝授してくれたものの・・・キビ苗作りでは思った以上に苦戦を強いられました。農家のお嫁さんには・・・向いてないみたいですwww
15027466_925393394259468_3730250532764160391_n15078799_925393404259467_3690360078674355675_n
お父さんが採れたてのサトウキビを剥いておやつを作ってくれました。噛み締めるたびにじわ~と甘い汁が出てきて、サトウキビって美味しいっと感動!
15032783_925393427592798_5675554323709565147_n
キビ植え体験
苗を植えて3ヶ月ほどたったお父さんのキビ畑
14993557_925393324259475_4295493139715356435_n
作ったばかりのキビ苗を空いてる箇所に植え込んいきます。
15056276_925393490926125_2237795484231762923_n
10cmほどの深さの穴を掘り、新芽が出ている部分を横側に向け・・・
15073383_925393507592790_8705808427462025813_n
足でギュギュっと踏みつけたあと、上から土を覆い被せます。これでキビ植え完了。先ほど作ったキビ苗を同じ要領で空いてる箇所へと植え付けていきます。5人で1時間ほど作業したところで無事終了!お疲れ様でしたっ!畑仕事もけっこう楽しかったです(*゚▽゚*) またまた貴重な体験をさせてもらいました!
14980663_925393704259437_7649834648679958309_n
15193569_930438990421575_717847020298455054_n
お父さんからいただいたさんぴん茶の差し入れ。思わず一気飲み!カラカラに乾いた喉を潤しました!
14991886_925393614259446_3736558578282763661_n
看板犬のサクラ。作業中の私たちを終始見守ってくれていました。待ちくたびれたのかはたまた寂しかったのか、戻ってきた私たちにべったり。めちゃくちゃかわいい(*^ω^*) まさに動くぬいぐるみです。わんちゃんはあまり得意ではありませんがサクラにはもう、メロメロなおきコレ編集部なのでした(*´∀`*) 後編へ続く・・・
14980760_925393284259479_8086911570917619514_n
15109363_930440500421424_2416661499871426585_n

伊良部島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

鰹が空飛ぶ伊良部島その2〜漁師に弟子入り?!なまり節作りに初挑戦!〜

みなさん こんにちは!おきコレ編集部です(*゚▽゚*)
前回に引き続き伊良部島での島あっちい体験レポをお送りします!第2弾は「なまり節」作り体験です。なまり節とは鰹節になる一つ手前の状態。釜揚げした魚を少し強めにスモークしたものです。食材本来の旨みがぎゅっと凝縮されていてなんとも言えない素朴な美味しさです。

チャンプルーなどの炒め物やお味噌汁の具材だけでなく、和え物や煮物の具材などさまざまなお料理にも幅広く使われています。工場で作業をしている職人さんたちの鮮やかな手さばきはお見事!今回なまり節作りの中で行われている「わらぬき」と呼ばれる工程を体験させて頂きました。
img_6728
港に水揚げされたカツオの頭と尻尾を切り落したあと、内臓までキレイに取り除かれた状態で整然とせいろに並べられます。その後ぐつぐつと沸騰したお湯に投入され2時間ほど、じっくりと釜揚げされます。
img_6715
2時間熱湯で釜揚げされたカツオ
じっくりと熱湯で茹で上げられたカツオは適度に油が抜けしっとり、ふっくらとしています。型崩れしたカツオがあったのでちょっとだけ味見させてもらいました!まったく臭みもなく魚の旨みがギュギュッと凝縮されていて、この段階ですでに充分、美味しかったです。
img_6732img_6736
わらぬき作業体験!
「わらぬき」とは骨やヒレなどの部分を取り除く作業のこと。ピンセットで細かい骨を取り除いて行くんです。これ、普段からすべて手作業とのこと!頭が下がります( ᵕ̤ ‧̫̮ ᵕ̤ ) さて、改めてわらぬき作業開始です!まず釜揚げされたカツオを真ん中からパカッと割ります。まったく力を入れなくてもキレイに割れる感触がとっても快感で、これ・・けっこうハマっちゃいました。生魚じゃなければ、強気で行けます、おきコレ編集部!
img_6745
パカッと割ると背骨が現れ・・・
img_6746
周囲にある細かい骨やヒレも取り残しがないようにピンセットでキレイに処理していきます。骨が残っていると、燻している最中に骨が変形して型崩れの原因になってしまうそう。ここは集中!
img_6747
キレイにわらぬきされたカツオは重ならないようにセイロに並べていきます。重なると燻しムラが出来てしまうそう。ここはパズル感覚で!
img_6761
取り除いた骨やヒレなどはそのまま廃棄するのではなく、肥料として畑に撒くそうです。元気で瑞々しいサトウキビが育ちそうですね。食べ物を何ひとつ無駄にしないということは大切で素晴らしいことだと思います。これも大事な食育のひとつですね。
img_6764
わらぬき作業が終わったカツオは次に燻しの工程へと入ります。この中で約1日半ほどいぶされやっと「なまり節」となります。
img_6723
出来たてほやほやの「なまり節」
釜揚げされた状態からさらに水分が抜けちょっとだけ歯ごたえの残る硬さになりました。スモークの匂いがいい感じ。お酒のおつまみにも絶対合う合う!
14993552_706961352785510_8722870518100307653_n
なまり節を美味しく頂く!
出来上がったばかりの「なまり節」は風味もよく旨みたっぷりでお出汁を取るだけではもったいない!「なまり節」は無添加・高タンパクな万能食材。いろんなお料理にぴったり合います。ゴーヤチャンプルーやそうめんチャンプルー、島かぼちゃの煮物にゴーヤとキュウリの和え物に大変身!どれもめちゃくちゃ美味しかったです!普段のお買い物で「なまり節」を手に取る機会は少ないかもしれませんが、もしどこかで「伊良部島産のなまり節」を見かけたらぜひお買い求めになってみてください。そしてぜひこの美味しさを味わってみてください!「なまり節」の美味しさに感動すること間違いなしです。お料理は面倒・・・という方におすすめレシピは大きめに割いた「なまり節」に七味唐辛子を振りかけたマヨネーズをちょこっと付けて召し上がって見てください。泡盛が、ビールが止まらなくなります。ぜひ!
img_6867img_6865img_686615036474_925389474259860_8330122695533360865_n
お土産用にと真空パックにしてくれました!さて、これで何を作ろうかな?と考えるのも楽しい時間です。旅の余韻に浸りながら今宵も「なまり節」をおつまみに、乾杯!次回は民泊体験レポをお伝えします(*゚▽゚*) 以上おきコレ編集部でした!
img_6882

沖縄県 伊良部漁協

沖縄県宮古島市伊良部前里添1

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

鰹が空飛ぶ伊良部島その1〜旅の始まり、たくさんの出会い〜

みなさんこんにちは!おきコレ編集部です。今回は《島あっちいモニターツアー》に当選し11/9~11/11の日程で伊良部島へ行ってきました。伊良部島ではなまり節作り体験や漁師めし作り体験をしてきました。

《島あっちい》とは今年から始まった沖縄県が主催する離島観光・交流促進事業です。19にも及ぶ県内各離島で行われており、その島ならではの特色を活かした魅力的なプログラムがいろいろ用意されています。島の暮らし、島人のこころに触れることが出来る《島あっちい》では、通常の個人旅行では絶対に味わうことが出来ないであろう貴重な体験をたくさんさせて頂きました!
14908194_920387801426694_7424684079290690261_n
15032800_925377820927692_3707019137037364670_n15073552_925377854261022_5905793397024573226_n15032097_925377807594360_8417683103582374057_n

期待と不安を胸に一路宮古島へ。小雨が降る中、那覇空港を飛び立ちました前日までの真夏のような暑さが嘘のように肌寒く、鉛色の分厚い雲が沖縄の空を覆い尽くしていました。上空へと抜けるまで、ゆ・・揺れる(@_@;)
img_6611

窓から見えるのは一面の雲のみ。少しでも晴れたらいいな・・・と願いを込めてパチリと一枚。
img_6616

約35分のフライトの後、宮古島の風景が見えてきました。四角く整備された畑たちはまるでパッチワークの模様みたいです。
14993298_925377784261029_5427052773348585639_n

宮古空港に到着すると島あっちいのコーディネーターさんが待っていてくれました。これからジャンボタクシーへ乗り込み、伊良部島へと向かいます!(※宮古空港到着時もあいにくのお天気だった為、後日撮影した写真を使用しています)
img_7063

2015年に開通したばかりの伊良部大橋!3540mもの長~い橋から見える景色はまさに絶景!晴れていたらもっと綺麗だったのに。。。う~ん残念(T ^ T)
img_6632

天気が悪く霞んでしまっていますが遠くに来間島と来間大橋が見えます。1995年に開通した来間大橋からの眺めも絶景ですっ!大好きなドライブコースの一つです。
img_6628

約30分ほどで伊良部漁協に到着しました。
今回の伊良部島ツアーでお世話になったコーディネーターの普天間一子さん。普段は伊良部漁協で働く普天間さんは気さくで明るく、元気いっぱい!やさしくて面白くて一緒にいるとこちらまで思わず笑顔になってしまう、とても魅力的で素敵な方でした(*゚▽゚*) なまり節作り体験の前に島あっちいツアーにおける注意点やルールのお話があり、伊良部島の魅力をたくさん教えてくれました。一緒に参加していた小学生たちも釘付けになってお話を聞いていました。これからの2泊3日!どんな出会いが、どんな出来事が待っているのでしょうか?楽しみでなりません(o>ω<o)
img_6633

なまり節工場まで移動します。伊良部漁協から歩いて5分ほど。
途中で見かけた「佐良浜カツオ漁100年の記念碑」
img_6637
今回お世話になったなまり節工場。「ふるさと」さん
14980656_925380857594055_3711334685291793405_n
なまり節作りの前に三枚おろしとお刺身作り体験!
伊良部漁協のご好意により捕れたてのキハダマグロを捌くことに。
実は・・・生魚を触ることが出来ないへっぽこおきコレ編集部(´;ω;`) いい大人なのに・・・我ながら情けない。
でも魚を捌くシーンに立ち会うこともなかなかないので今回は撮影に専念させて頂きました。三枚おろしは同行してくれている女子高生に、託します。よろしく!
img_6639
捕れたて新鮮なキハダマグロがひとり1匹ずつ配られました。伊良部漁業の職人の方のご指導のもと三枚おろし、スタート!みなさん頑張って!(ง`▽´)ง
img_6658
img_6648
捕れたてピチピチのキハダマグロです!初めての魚捌きにも関わらずまったく物怖じしない女子高生!すごいヾ(@゜▽゜@)ノ
img_6650
小学生チームもキラキラと目を輝かせながら参戦!兄弟二人で協力し合いながら一生懸命頑張っていました!捕れたての魚を捌くなんて日常生活ではなかなか味わうことが出来ない特別な経験ですよね。子供たちの食育にもつながる、とてもいい体験プログラムだな思います。
img_6661
まず、頭を切り落とし・・・
img_6662
お腹の部分を斜めに切り落としたのち、内臓部分を取り出します。
img_6669
取り出したキハダマグロの胃袋から小さなグルクンが何匹も出てきました。
食物連鎖・・・頭では理解出来ますがあまりのリアルさにちょっとだけビビりました。
img_6710
そして、キハダマグロの皮を剥がしていきます。捕れたて新鮮なためか気持ちがいいほどすっと剥がれました。次に背中の部分に切り込みを入れ、骨と身の間に包丁を差し込みます。初めてとは思えない手馴れた包丁さばきであっと言う間に三枚おろし完成!お見事!(*゚▽゚*)
img_6689
img_6693
14955883_922906931174781_2313113136673020824_n-1
最後に残った血合い部分を切り落とし・・・キハダマグロのお刺身完成!
写真に収める前にみなさんの胃袋に収まって行きました(笑) 美味しかったです!ご馳走さまでしたっ(*゚▽゚*) 次はいよいよ「なまり節」体験ですっ!
img_6703

沖縄県 伊良部漁協

沖縄県宮古島市伊良部前里添1

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊良部島 魚市場 いちわ

2015-12-15 11.55.01
佐良浜そば定食 / 900円

2015-12-15 11.55.26

伊良部大橋を渡って右折。佐良浜漁港の目の前にあります。スープ、具材、トッピングまで全部伊良部島の魚で作っています。マグロの角煮が贅沢に盛り付けられています。伊良部島でしか食べることのできない一品です。「なまり旨辛漬け」もご飯のお供にぴったり。

魚市場 いちわ
沖縄県宮古島市伊良部池間添6-19

営業時間:11:00~15:00、18:00~24:00(L.O.22:30)
TEL:0980-78-3909

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0