伊江島旅レポ最終回 またね!伊江島!!

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡ おきコレ編集部です。伊江島旅レポもいよいよ最終回。
楽しい時間ってどうしてこんなにもあ~っと言う間に過ぎちゃうんでしょうかねぇ。

伊江港近く亀の公園
漁港を見下ろす小さな公園ですが展望台の屋根が「ウミガメ」
とっても印象的だったので思わずパチリ!
IMG_4513
船がたくさん停泊している漁港ですが海の色がとってもきれ~い!
IMG_4515
車停めには魚のモチーフ
IMG_4523
伊江港ターミナルへ
レンタカーを返却し伊江港ターミナルで出航時間まで待機。
その間、お土産コーナーを物色してきたいと思いますっ!
IMG_4534
ターミナル内はベンチもあり広々とした空間が広がっています。
海から吹き抜けてくる潮風がとっても心地よいです。
IMG_4574
お土産屋さんに潜入~
IMG_4564
カラフルなイエソーダがずらり!お隣にはイエラムカクテルも
IMG_4537
伊江島小麦チップス ケックン(塩味) ¥350-
サクサクした軽い食感で後引く美味しさです!これ好き!!
IMG_4538
伊江島小麦チップス ケックン(黒糖シナモン味) ¥350-
IMG_4539
伊江島産の甘酢らっきょう ¥400-
IMG_4542
伊江島産の小麦粉 ¥500-
IMG_4545IMG_4549
伊江島産ピーナッツなど特産品がずらりと勢ぞろい
IMG_4551
伊江島産マースもあります
IMG_4555
ターミナル内にある観光案内所
島の地図やパンフレットはここにあります。記念スタンプもここで押せます!
IMG_4536
観光案内所の向かいには切符売り場
IMG_4569
伊江島のイメージキャラクター「タッちゅん」ともお別れ
また来るね!バイバイ
IMG_4573
フェリーの出航時間が迫ってきました
フェリーに乗り込む前にと・・・未練がましく(笑)振り返って別れを惜しむ。。
伊江港ターミナルの玄関口をパチリ。
IMG_4576IMG_4577
さあ、これから本部港へともどります!楽しかったよ~ありがとう!伊江島(*´∀`*)大好き~♡
IMG_4579IMG_4580
船内はこんな感じ。30分の船旅ですが空調完備なのでぐっすりと眠れます。
IMG_4612
伊江港を出航。。
城山(たっちゅー)がだんだん小さくなっていく(涙)
IMG_4602
そして・・・どんどんと本部半島が近づいてきました。
キラキラと輝く海面ではたくさんのトビウオがぴょんぴょんと飛び跳ねてました。
そのスピードはあまりにも早く・・・シャッターが全然間に合わず。残念。
IMG_4605
瀬底大橋をくぐり・・・とうとう本部港到着です。30分ってあっと言う間。
IMG_4610
伊江島はたくさんの絶景と豊かな自然に囲まれた素敵な場所。思っていた以上にリゾート感も満載で癒し効果も抜群!沖縄本島とはまたひと味もふた味も違う透明感のある海と美しい景色が広がるとても魅力的な島でした。また新しい沖縄の島の魅力に触れることができました。もうすっかり伊江島のトリコです。今回の旅レポを通していろいろな伊江島の魅力をお届けしてきましたが如何でしたでしょうか?みなさんに少しでも離島旅行気分を味わって頂けたら・・・という思いを込め各所でシャッターを切ってきました。そしてすこしでも「伊江島にも行ってみようかな」と思って頂けたら、幸いです。
以上、おきコレ編集部でした!またお会いしましょう!!( ´ ▽ ` )ノ

伊江島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその8 島グルメを食す!

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡ おきコレ編集部です。伊江島旅レポ第8弾!
伊江島で人気の「エースバーガー」さんをご紹介します。こちらは創業40年!伊江島唯一の洋食店。伊江牛を使ったハンバーガーがリーズナブルな価格で頂ける観光客のみならず地元の方にも評判のお店です。

看板メニュ-の「エースバーガー」¥350-
伊江島特産の伊江牛を使用して作られた贅沢なハンバーガー
ジューシーな肉汁たっぷりのパティは食べごたえ抜群!肉の旨みが濃い!!
シャキシャキ食感の新鮮野菜がたっぷりサンドされています。こってりマヨネーズと旨みたっぷりの肉汁がとろりと絡み合ってさらに味わいアップ。ふわふわバンズがいいまとめ役になっています。通常、ハンバーガーといえば「ピクルス」が定番ですが、こちらではきゅうりがサンドされています。その理由は店主の方がピクルスが苦手だから・・・なんですって!
IMG_4282
伊江牛ハンバーグステーキ(スープ・サラダ・ライス付) ¥1200-
アツアツの鉄板の上には半熟目玉焼きとカリカリに揚げれられたポテトフライ。そしてわらじのような大きさでめちゃくちゃインパクトのある伊江牛のハンバーグ!お世辞にもキレイに形作られたハンバーグではないのですが・・・とにかく肉汁たっぷりでとってもジューシー!ひとくち噛み締めるごとにお肉本来の旨みと甘味が口のなかいっぱいに溢れ出します。とにかく白いごはんが進んでしまい・・・あっという間に完食(笑) ダイエットは明日から!
IMG_4292
エースバーガーメニュー
手書きのメニュー表って温かみがあっていいですよね~
伊江島牛ステーキ(200g/¥4000-)は要予約だそうです。一度は食べてみたいメニューです!
こちらのタコライスはタコミートも伊江牛を使用しているとか!なんとも贅沢ですね^^
IMG_4267IMG_4268
お店の様子
昭和レトロな喫茶店のような雰囲気です。とってもアットホームでいい感じ。のんびりゆったりとくつろげます。
14063834_877965452335596_8867549778397160258_n[1]14079982_877965415668933_6866203833298419705_n[1]
オレンジ色の看板が目印!
IMG_4275
IMG_4296
ドライブスルーもOK!
ここが入口。畑の中の小道を進むと・・・お店の横にある注文カウンターにたどり着きます
IMG_4278
こちらの小窓が注文カウンター
手書きのメニューがまた味わい深い
IMG_4280
そして、出口。次はドライブスルーにしてみようかな。
IMG_4276
エースバーガーのドライブスルーは実は全国区??
大手航空会社のHPで紹介された際の記事が店内に掲示されていました。
14095927_877965399002268_6255737041027691128_n[1]
お店の隣には駐車場も完備
手作り感溢れる駐車場の案内看板。味があってとってもいい感じ。癒されます。エースバーガーさんには魅力いっぱい詰まっています!
IMG_4277

エースバーガー

沖縄県国頭郡伊江村川平136
TEL:0980-49-2052
定休日:水曜日

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその7 島の見どころあれこれ

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわ~*。♡ おきコレ編集部です。伊江島旅レポ第7弾!
豊かな自然が広がる伊江島ですが、先の大戦の際には激戦地となってしまった場所。戦争の爪痕があちらこちらに残されています。のどかで美しい伊江島ですが改めて平和の尊さをかんがえるきっかけになる大切にしなければならない場所のひとつです。今回は戦跡や史跡など伊江島のみどころあれこれをご紹介したいと思います。

公益質屋跡
公益質屋は1929年(昭和4年)、高利貸の暴利に苦しむ村民を救う為に政府の融資を受けて設立された村営の金融期間でした。鉄筋コンクリート2階建ての建物で、当時としては頑丈な造りだったようです。そんな頑丈な建物に残された生々しい数々の銃弾の跡や大きな大きな砲撃の跡・・・・ここで繰り広げられた戦争がどれだけ凄まじかったかを色濃く物語っています。伊江島を訪れた際にはぜひ立ち寄って欲しい場所のひとつです。
IMG_4301IMG_4297IMG_4303IMG_4299

ニーバンガズィマール
第二次世界大戦で日本が敗戦したことを知らずにいた二人の日本兵(沖縄出身の当時28歳、宮崎出身の当時36歳)が戦後2年間、米軍の目を逃れながら樹上生活を送ったガジュマルの樹です。この木の上で2年間も過ごしていたのかと思うと・・・とても心が痛みます。
IMG_4442
IMG_4437
14045877_875271499271658_1515940629188561516_n[1]
IMG_4430IMG_4434
アーニーパイルの碑
世界的に有名な従軍記者アーニーパイル。1945年4月18日伊江島に上陸した米第305連隊と行動を共にし戦場を取材中、日本軍の機関銃弾に倒れた。戦場にあっても一般の兵士の不安や怒り、喜びや悲しみを愛情をもって報道しつづけたアーニーパイル。彼を偲ぶ米軍関係者の手によってこのアーニーパイル記念碑が建立されたとのことです。今でもキレイに整備されています。
IMG_4444IMG_4446

ミンカザントゥ
伊江島の南部にあるミンカザントゥ。何もない畑の中にぽつんとあります。
ミンカザントゥは、岩盤を利用して雨水を受け、ニャーサントゥ(庭タンク)を造って
流しこめて貯水したもの。水に不自由な島の人々の知恵を物語る史跡として残されています。
IMG_4505
IMG_4509
IMG_4504IMG_4508

ゴヘズ洞穴
伊江島空港の西、ゴヘズ山(標高約82m)にあることからゴヘズ洞穴と呼ばれています。
洞穴の直径は約2mほど。現在は洞穴内に入ることはできませんが、奥行35mにもなる地下空間が広がっているとのこと。ここからは旧石器時代のものと思われる鹿の化石や人骨・貝類が出土しているそうです。
IMG_4129IMG_4130IMG_4135IMG_4134IMG_4132

阿良(あら)御嶽と阿良(あら)浜
阿良御嶽は、タツガナシ(立って拝む神)とサラメキガナシ(舟をサラサラと走らす神)をいう二神を祀っており、昔から旅の無事を祈願する拝所として大切にされてきた場所です。目の前に広がる阿良の浜は伊江島と本島を結ぶ起点として整備された島の玄関口だったそうです。島についたら旅の安全祈願のため、阿良(あら)御嶽にご挨拶すると良いそうですよ!
14089095_877949709003837_1995653894972993804_n[1]
IMG_4420IMG_4425

伊江島蒸留所(イエラム)
伊江島産のサトウキビを使用してイエラムを作成している蒸留所です
この日は残念ながら工場が稼働しておらず見学できませんでしたが事前予約すると工場内の見学ができるそうです。
TEL:0980-49-2885
定休日:土・日・祝
営業時間:9:00~17:00
※工場見学は事前予約が必要
http://www.ierum.jp/
IMG_4415
オーク樽で熟成された「イエラムサンタマリア ゴールド」 ¥1,500-(300ml)
IMG_4556
ステンレスタンクで熟成される「イエラムサンタマリア クリスタル」¥1,500-(300ml)
IMG_4557
イエラムサンタマリアさとうきびシロップ ¥810-(290ml)
IMG_4559

おまけ編!コンビニで見つけた伊江島限定商品
伊江島にファミリーマートが2軒あります。レジ横のホットスナックコーナーには伊江島限定のかまぼこが販売されてました。冷蔵コーナーには伊江島で水揚げされた鮮魚のお刺身も!
14079911_875284649270343_7637068321354864785_n[1]14089135_875284662603675_1860896020107665975_n[1]IMG_4411IMG_4410

伊江島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその6 伊江島のビーチあれこれ

こんにちは!おきコレ編集部です。伊江島旅レポ第6弾!今回は伊江島の美しすぎるビーチをいくつかご紹介したいと思います。どのビーチもリゾート感溢れる素敵な場所でした!もうすっかり伊江島のトリコです。

《伊江ビーチ》
島の東側、真っ白に輝く砂浜が1kmも続く伊江島を代表する美しいビーチです。
長く続く白い浜辺にはモンパノキやモクマオウが木陰を作り、エメラルドに輝く海の向こうには本部半島や水納(みんな)島、瀬底(せそこ)島が望めるます。トイレ、シャワー、売店等の設備も充実しており、海水浴はもちろん、キャンプも楽しむことができます。
※施設利用料として大人¥100- 子供¥50-が必要です。
IMG_433413962525_872686166196858_8744040406644149978_n[1]13962752_872686149530193_8307631992788573398_n[1]
IMG_4365IMG_4366

更衣室やシャワーはこちら!
シャワーは1回¥200- とてもキレイな設備が整っています
14102618_876496742482467_4656874721984209114_n[1]14079849_876496752482466_4615275690713525523_n[1]

売店も充実してます!
食事もできる広めの東屋があります。売店では沖縄そばやカレーなど海で食べたくなるメニューがたくさん揃っています。そしてこちらのスペースではBBQをすることもできます!
IMG_4340
14040080_876496725815802_1056856078556096068_n[1]
IMG_4371
14063946_875264429272365_3980881683671105396_n[1]14045645_875264485939026_6624715463271305497_n[1]
14102224_876500592482082_5591303818442745112_n[1]
14055145_876500565815418_2531741597430952466_n[1]
伊江島限定アイスクリーム ¥220-
ピーナッツ・ローゼル・サトウキビ・紅いも・イエラムショコラの5つのフレーバーが揃う
伊江島でしか食べることの出来ない特別なアイスクリーム達です。アイスクリームに使われている生乳も伊江島産というこだわりがすごい!
14088444_875264389272369_1603148488144848823_n[1]14022141_875264409272367_6827196439414463466_n[1]
これ、食べてみました!
ピーナッツアイスとローゼルアイスを試食してみることに。味わい深いミルクアイスの上に色鮮やかなローゼルジャムがトッピングされた「ローゼルアイス」。ローゼルジャムがさっぱりとした味わいで後引く美味しさです。ミルクアイスとの相性もばっちり!そして伊江島産ピーナッツの旨みと香りがぎゅっと閉じ込められた「ピーナッツアイス」は濃厚だけれども後味さっぱり。ほどよい甘さで心と身体にじ~んと染み込んできます。伊江島のこだわりが詰まった逸品で、とっても美味しかったです!残る3フレーバーは次回のお楽しみにとっておきたいと思います。
IMG_4387
IMG_4390

伊江ビーチ

《GIビーチ》
伊江島港の西側へ車で数分。ニャティヤ洞に向かう途中で出会ったビーチです。
およそ100mに渡って広がる手付かずの美しい自然が残る、知る人ぞ知るビーチです。車が数台止められるほどの小さな駐車場はありますが、シャワーや更衣室、トイレなどの設備はありません。日陰もありません。どこまでも青くキラキラと輝く海とキメの細かいサラサラの白砂が一面に広がっているのみです。これが息をのむほどに・・・美しいんです。
IMG_4452
IMG_4454IMG_4485IMG_4457
GIビーチ

《イシャラー浜》
リリーフィールドから伊江ビーチに向かう途中に見つけた、ガイドブックにも載っていないビーチです。舗装されていない小道を通り抜けていくと手付かずの自然のビーチが現れます。ゴミひとつ落ちていないとてもキレイなビーチです。海の向こう側には本部半島が見えました!
IMG_4324IMG_4325IMG_4329
IMG_4330

伊江島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

伊江島旅レポその5 島のシンボル「タッチュー」に登る

こんにちは!おきコレ編集部です。伊江島旅レポ第5弾!いよいよ伊江島のシンボル「城山(タッチュー)」に登りますよ~!小学生の頃の遠足を思い出す・・・という方も多いのではないでしょうか?今回はタッチューの頂上からのパノラマビューもお見せしちゃいますよ!

伊江島城山(タッチュー)
そもそも「タッチュー」とは沖縄の方言で『先の尖ったもの』という意味です。独特の形に突き出た城山の高さは172m。頂上からは360度の大パノラマがひろがり、沖縄本島や周辺離島を望むことが出来ます。城山は太古の昔から航海の目印とされてきました。伊江島で一番位の高い神がいるとされ、航海の安全や豊作を祈願する際人々は麓にある城山御嶽に手を合わせます。城山は島でくらす方々の信仰の対象であり島のシンボルとしてそびえてたっています。

そして城山の地層は島よりも7000年も古く、オフスクレープ現象(古い岩盤が新しい岩盤に潜りこむ中で一部が剥がれて新しい岩盤の上に乗る現象)によって形成されているとか。
この現象を見ることができるのは世界でたった一つ、ここ伊江島だけなんだだそうですよ。
すごいぞ!伊江島タッチュー!
IMG_4264
IMG_4202

城山登山に初挑戦!!
ここがタッチューの登山口!いざ、参らん!!
IMG_4205

登山口入口付近の様子
道はキレイに整備されています。とても歩きやすいです。
緑に覆われており、あたり一面は清々しい空気に包まれています。
IMG_4210IMG_4211IMG_4212

急勾配の階段のお出まし
写真で見るより結構な・・・・急勾配です。楽しみながら頂上までの登山、頑張りますっ!
IMG_4214IMG_4221

登山の途中で見えてきた伊江島の景色
緑や茶色の畑がパッチワークみたい。遠くに見える海も青々としてとってもまぶしい!
IMG_4223

頂上まであと少し!
階段の勾配がさらに急になってきました!それとともにだんだんと息が・・・上がってきました。
日頃の運動不足がたたります。。でも、あと一息!がんばるぞっ
IMG_4224

もうすぐタッチューのてっぺんです♬
登り始めて約15分。。やっと頂上が見えてきました~やった!
IMG_4250

タッチューのてっぺんから見える360度大パノラマ!
頂上からは伊江島全体をぐるりと見渡すことができます。この絶景がなによりのごほうび!疲れがいっきに吹っ飛びます。方向によって見える景色が違うのも、また素敵!
海の碧さと空の青さ、パッチワークのようにキレイに区切られたサトウキビ畑のグリーンのコントラストがとってもまぶしい!
IMG_4226
IMG_4232
IMG_4233IMG_4238

頂上から下を見下してみる
頂上には安全柵などの設備がないので・・・ちょっとだけビビリながら撮った、渾身の一枚(笑)
IMG_4241

伝説のカタンナーパの足跡
石碑より「その昔、伊江島に『カタンナーパ』という力持ちの大男がいました。隣村との戦いでカタンナーパは城山に登り、攻めてきた敵に大きな石を投げつけ退散させました。その時、力いっぱい足を踏ん張ったために足跡が残りました」
石碑の目の前にある岩には、伝説の力持ちの大男「カタンナーパ」が残したといわれる足跡が、くっきりと残っていました。ちょうど雨水が溜まっていたのでわかりやすかったです。こんなに硬い岩石に足跡を残すなんてどれだけの力持ちだったんでしょうか?まったく想像がつかないです。
IMG_4227IMG_4230

下山しま~す!
登るのも急なら降りるのも急です(汗)周りの景色をたのしみつつ、足元に気をつけながらゆっくりゆっくりと麓までもどります!
IMG_4251
IMG_4252キャプチャ

休憩所兼お土産屋さんもあります
タッチュー登山口にはお土産屋さん兼休憩所があります。心地よい汗をかいたあとは
イエソーダで、ありかんぱい!
14022324_875263555939119_1183071679472544047_n[1]IMG_4173
IMG_4177

伊江島城山(たっちゅー)

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその4 湧出(わじー)展望台からの絶景に酔いしれる

こんにちは!おきコレ編集部です。伊江島旅レポ第4弾!島の北西海岸にある伊江島きっての景勝地「湧出(わじー)展望台」からの絶景をお届けしたいと思います。

湧出(わじー)とは・・・
「湧出(わじー)」とは、湧き水のこと。水源地は伊江島の北西海岸。60Mもある断崖の下にあります。清水がこんこんと流れ込むさまは他に類を見ないものといわれています。また、ここの水は良質で、昔から島の大事な水源地とされていました。現在も現役の水源地です。湧水展望台には広めの駐車場が用意されています。トイレは整備されていますが休憩所は現在工事中。売店は閉まっていましたが自動販売機は稼働中でした。
IMG_4169
IMG_4168
IMG_4138

湧水(わじー)に残る歌碑
大西の特牛や なさきやうらと 好きゆる 我島若者や 花と好きゆる
歌意:大西に特牛は、なざきやうらが好きであるが、われわれ島の若者は美童が好きである
・・・つまりは美人に弱いってことですかね?
IMG_4166
キャプチャ

湧出(わじー)展望台からの絶景をご覧あれ!
じゃ~ん!息を飲むほどに美しい伊江島ブルーが目の前に広がります!
潮の干満、空の色の変化によってさまざまな表情を見せてくれる伊江島随一の絶景スポットです!吸い込まれそうなほどに美しい紺碧の海と突き抜けるほどに澄んだ青空に感動。
頬をなでるようにすーっと吹き抜ける潮風がとてもさわやか。自然の豊かさ・美しさを体感できるとても素敵な場所です。ここからの絶景に会うために・・・・伊江島へもう一度行きたいな。
IMG_4167
IMG_4142
IMG_4156
IMG_4155

湧水展望台
展望台は断崖にちょっとだけ突き出した場所に設置されていました。
別の角度から改めて見てみると・・・かなり怖い。
IMG_4153

イエソーダ 各¥220-
伊江島発の大好評、告白飲料「イエソーダ」。現在はあちらこちらのお土産屋さんやアンテナショップでも販売されています。もしかしたらみなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?この大人気商品「イエソーダ」は湧水(わじー)の湧き水で作られています。

《イエソーダは全部で4種類!》
・伊江島の黒糖で作った「ブラックコーラ」
・村花テッポウユリをイメージした「ホワイトソーダ」
・恋愛専用コクリングスペシャル「ピンクドラゴン」
・新商品体育会系イエソーダ、塩入り「グリーンマース」
ドラゴンフルーツ果汁と紫イモから取れる天然色素できれいに染められた「ピンクドラゴン」は・・・恋する女子の強い味方!思いを寄せるあの人に「今日こそきっと『イエソーダ』」(*´ `*)
IMG_4184

伊江島スパークリングウォーター ¥230-
湧水(わじー)の湧き水に炭酸を加えてた伊江島スパークリングウォーターもあります。
くせのない甘めの軟水なのでとっても飲みやすいです。ほどよい強さの炭酸がさっぱりとした涼しさを届けてくれます
IMG_4594

伊江島 湧水(わじー)展望台

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその3 ニャティヤ洞穴 

こんにちは!おきコレ編集部です。

伊江島旅レポ第3弾をお届けします!レンタカーを走らせる事約5分程度でニャティヤガマ(ニャティヤ洞)と呼ばれるスポットに到着しました。広めの駐車場完備です。

ニャティヤガマ
戦時中は住民の防空壕として利用され、多くの人を収容した事から「千人洞(ガマ)」とも呼ばれています。伊江島の大切な聖地でもあり洞窟内には「力石(ヒジル石)」という丸い石があります。子宝に恵まれない女性が持ち上げると願いがかなうという言い伝えがあるそうです。
IMG_4078
IMG_4073

力石(ヒジル石)のレプリカ
ニャティヤ洞の入口付近には洞穴内まで降りることが困難な方のために力石(ヒジル石)のレプリカが設置されています。
「力石(ヒジル石)は子授けの神と崇められています。持ち上げて軽いと感じれば女の子が、重いと感じたら男の子が授かると言い伝えられており、子宝を授かりたいと祈願して持ち上げると願いが叶うと言われています」(※碑の説明文を引用)
ここからの眺めはまさに絶景!まるで絵の具を溶かしたような瑠璃色に輝く海につい、うっとり
IMG_4075
キャプチャ
13912809_872686326196842_8400789748477340754_n[1]

洞窟への入口
キレイに整備された階段を降りていくと長い月日をかけ大きな波の侵食でできたであろう広い洞窟に辿りつきます。入口付近には拝所らしき場所も。一礼して中に進むことに。洞窟の中央部分に力石(ヒジル石)があります。
IMG_4082IMG_4085

力石(ヒジル石)
力石を持ち上げてみました。見た目以上にとても重く、持ち上げることにも苦心してしまいました。重く感じたと言うことは・・・男の子がやってくるのかな?
IMG_4093IMG_4090IMG_4091

神が舞い降りる場所
ヒジル石の反対側には神が舞い降りる聖なる場所がありました。
戌亥方神 五臓六腑を与えられる男神 女神が立つ場所」とあります。
IMG_4099

ハート岩
神が舞い降りる聖なる岩場から奥に数歩進むとハート型にぽっかりと穴の開いた場所があります。写真撮影スポットとしても人気のある隠れたる名所です。
ここを通り抜けて海辺に出ることも出来ます。
14022359_875253152606826_9122848891541091903_n[1]
海にピントを合わせてみました。海がハート型に切り取られて・・・・これもまた幻想的
IMG_4113
洞窟の切れ間から見える美しすぎる伊江島の海にまたもやうっとり
IMG_4119

洞窟の中
若干天井が低めなものの、小さな体育館くらいの広さがあります。洞窟の奥のあちらこちらに拝所のようなものがありました。
IMG_4112
IMG_4097

IMG_4120

ニャティヤ洞

 

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその2 電気自動車をレンタる!

こんにちは!おきコレ編集部です。
伊江島旅レポ第2弾をお届けします!

伊江港に到着!!
本部港を出発して30分、あっと言う間に伊江島に上陸しました~(*´∀`*)
IMG_4065IMG_4066

電気自動車とご対面!
今回、車をお借りしたのは有限会社TAMAレンタ企画さん。
伊江島の美しい自然を守る為にと導入された、環境にやさしい電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」 が今回の旅の相棒です。有限会社TAMAレンタ企画さんの事務所があるのは伊江港ターミナルのすぐ向かい側。店内は同じ便で到着したお客様でとても賑わっていました。キレイに日焼けしたスタッフさんの爽やかな笑顔がとても印象的!
IMG_4069

気になる料金はこちら!
日帰り6時間コースは¥3,500-から。
大人数での旅行プランにも対応できるようにとワゴン車も準備されています。
残念ながら・・・電気自動車にカーナビは付属されていませんでした。
ポータブルナビを持参すれば良かったと反省。今回はスマートフォンのナビゲーション機能が大活躍しました!
IMG_4072

レンタバイクやレンタサイクルもあります
旅のプランや時期、人数に合わせていろいろと使い分けができるのも嬉しいですね。
◇レンタサイクル:1時間¥400-、1日¥1,000-
◇レンタバイク:原付(50cc)1時間¥800-、5時間以上¥3,500-/小型スクーター(100cc)
1時間¥1050-、5時間以上4,200-
※ヘルメット利用料及びガソリン代込みの料金
IMG_4071

快適な旅のはじまり
普段ガソリン車に乗っているせいでしょうか?「ほんとにエンジン掛かってる?」と不安になるほどとっても静かです。走行もスムーズ。小回りもきくので離島ドライブにぴったり!
さあ、これからどこに行こうかな?
IMG_4197

タマレンタ企画

沖縄県国頭郡伊江村字川平310番地
TEL:0980-49-5208
HP:http://www.tamarenta.jp/

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島旅レポその1 島旅のはじまり!

みなさん!こんにちは。おきコレ編集部です。

今度のおきコレがお届けする島旅は「伊江島」です。
「伊江島」は沖縄本島北部、「沖縄美ら海水族館」のある本部半島の北西約9kmに位置する離島です。本部港から船で30分。「そういえば小学校の修学旅行以来行ってないな・・」・という方も多いのではないでしょうか?行きやすいにも関わらず意外と知られていない伊江島の魅力やおすすめ観光スポットをご紹介していきたいと思います。

伊江島への旅はここからスタート!
伊江島へはフェリーで!沖縄本島北部に位置する本部港からフェリーに乗り込みます。
本部港までは那覇を出発して約2時間ほど。ここまでが結構遠い・・・
本部港ターミナルは新しくとてもキレイな建物です。鹿児島行のフェリーもここから出航しています。この建物の裏手に無料駐車場が整備されています。
IMG_3960IMG_3958

駐車場の入口はこちら!
IMG_3962

車両待機場
フェリーに自家用車を搭載する場合はこちらへ
「いめんしょり」とは伊江島の方言で「ようこそ」という意味だそうです。
IMG_3967

本部港ターミナルの待合所
エアコンは・・・効いていません。畳敷きの和風な待合所もありました。部屋は男女別です。
女性の待合所は8畳ほどの広さがありました。とてもキレイにお掃除されていましたよ。
IMG_3971
IMG_3982
IMG_3985

フェリーの乗船券売り場
販売所は朝8時にオープン。自家用車を載せる場合は電話またはWEBにて事前に予約が必要となります。そして出航の30分前までにこちらで航送手続きを行います。車両の大きさによって金額が異なるため手続きには車検証が必要との事。WEBでは航送状況なども確認できるのでぜひこちらを参考にしてみてください。

伊江島フェリー
HP:http://ferryyoyaku.iejima.org/
TEL:0980-47-3940(本部港)
TEL:0980-49-2255(伊江港)
IMG_3957IMG_3987

乗船券の自動販売機
車を搭載しない場合はこちらで乗船券を購入することが出来ます。
本部港・伊江港への往復で大人1人あたり¥1,370-です
IMG_3989IMG_3990IMG_3991

フェリー乗り場はこちらから!
ここから伊江島への船旅が始まりますo(^▽^)o
IMG_3972

ターミナル内には売店もあります
お土産品やドリンク、お弁当、帽子や島ぞうりなども各種揃っています。
IMG_3998IMG_4000

さあ、フェリーへ乗船します!
今回は「フェリーぐすく」にお世話になります!定員350名、乗用車33台の大型フェリーです。
エアコン完備の船室もあります。オープンスペースもありたくさんのチェアが用意されています。エアコンの効いた船室で到着までのんびりくつろぐのも良し、海を眺めながら潮風を浴びるのも良し。船旅の楽しみ方はいろいろですね!
IMG_3996IMG_4006IMG_4008IMG_4009
IMG_4012IMG_4014IMG_4017IMG_4611

いざ出航!伊江島への船旅のスタート!
思わずテンション上がります笑
目の前には瀬底大橋が迫ってきます!瀬底橋をくぐり抜けていざ伊江島へ!
IMG_4020IMG_4025

瀬底大橋をくぐり抜ける!
青空と真っ白い橋のコントラストが絶景!
橋を下から眺めることができるのは船ならでは!これぞ船旅の醍醐味です(*´∀`*)
IMG_4029

青の世界
瀬底大橋を過ぎると遠くに伊江島が見えてきました!青い海に青い空!ぽっかり浮かぶ白い雲がいいアクセント。あたり一面、青の世界です。なんて贅沢。遠くに見えるパラセーリングもまたリゾートっぽくていい感じ。
IMG_4031
IMG_4044

ぽっかり浮かぶ水納島
遠くに水納島も見えてきました。水納島にも行ってみたいな。
IMG_4038

もうすぐ到着
伊江島に近づいてきました。タッチューがどんどん大きく見えてきます。
IMG_4045
IMG_4055
IMG_4060
伊江港に入港!
青の世界に酔いしれるのも束の間。あっと言う間に伊江港に到着です。船旅サイコー( ^o^ )✩

伊江島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

伊江島 エースバーガー

IMG_9294
リブロースステーキ(スープ・サラダ・ライス付)/1,500円

ボリューム満点!肉汁がジュワーーー。腹ペコ男子には一押しメニューです。A1ソースをかけて食べるとお肉の旨味とソースの酸味が絶妙にマッチ。
伊江島に、本格的なハンバーガー店がある。希少価値の高い伊江牛を使ったハンバーガーを提供している「エースバーガー」です。なんと、ドライブスルーも備えています。

エースバーガー
沖縄県国頭郡伊江村字川平136番地

営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日
電話番号:0980-49-2052

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0