久高島旅レポ最終回 別れの時間

こんにちは!おきコレ編集部です。
久高島の旅レポもとうとう最終回となりました。実際に訪れてみて感じたことや久高島に残るすばらしい景色などを写真やコラムを通してお届けしてまいりましが、いかがでしたでしょうか?すこしでも「久高島へ行ってみようかな」と興味を持って頂けたら、幸いです。

イラブーガマ
イラブー(うみへび)が産卵に訪れる岩場です。写真の中程に見える階段当たりがその場所。琉球王府への献上品として500年以上の歴史を誇る燻製技術とともに、今でも暗闇の中手づかみで行う漁が伝えられています。久高島ではイラブーの採取権を持つ家がありますが、ここは久高ノロ家の漁場。ノロや村頭の不在などのため10年間途絶えていたそうですが、2005年から漁が再開されたそうです。ここは散策しても見つけられなかった唯一の場所!帰りのフェリーの中でやっとお目にかかる事が出来ました!海蛇が産卵する場所だけあって海がとってもキレイです!
IMG_3947IMG_3945

もうすぐお別れ
久高島のたくさんのパワースポットを巡り、元気をフルチャージすることができました!
楽しかった旅ももうすぐ終わりを迎えます。
フェリーの出発時刻が迫ってきました
なんだかとても寂しい気持ちでいっぱいに。。。
IMG_3926

長生きベンチ
港近くの休憩所にある、木で出来たベンチ。
白いペンキで「長生きベンチ」と書かれています。
そのとなりではおじーがのんびりとくつろいでいました。
ここに座ってのんびりと美しい海を眺めることができたらきっと長生きできそうですね。
IMG_3928

港ちかくの公園でたそがれてみる
赤瓦の屋根が沖縄らしいとてもキレイに整備された公園です。ゴミひとつ落ちていません。
ここから眺める海もやっぱりキレイ。きっと夕日もキレイなんだろうな~と
ちょっとセンチメンタルになってみました。
真っ赤に咲き誇るハイビスカスに「また来るね」別れを告げ、港へと急ぎます。
IMG_3918IMG_3917

いよいよ別れのとき
港にはシーサーと島ぞうりを販売する無人のお土産コーナーがありました。
そして港では帰りのフェリーがスタンバイ。
フェリーに近寄ってみたものの・・・あれ?中には誰もいる気配がない。。。
もしかして帰りの時間を間違えた?と不安に駆られていると・・・船員のおじさんたちがあちらこちらから自転車に乗ってやってきて船に飛び乗っていくではありませんか!そしてあれよあれよと言う間に出航準備が整っていきました。「さあ、どうぞ」と、船のハッチが開きました。
あまりのスピーディな仕事ぶりに、感動!
IMG_3930
IMG_3942IMG_3938IMG_3935IMG_3934IMG_3943

別れの時間
17:00。船が出航・・・とうとう久高島ともお別れの時間です。短い時間でしたけど素敵な景色にたくさん出会えて、貴重なパワースポットを訪れる事ができてとってもいい経験ができました!久高島がますます大好きになりました(*´ω`*) みなさんもぜひ、久高島へ足を運んでみてくださいね。パワースポットで癒されて、美しい景色に酔いしれてみてください。
たった25分の船旅で行ける久高島へのプチトリップはめちゃくちゃオススメです!ただし日焼け対策&熱中症対策&虫対策をお忘れなく!以上おきコレ編集部でした。
13895266_865320220266786_815953583394826262_n[1]

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

久高島旅レポ12 島を歩いて旅する

みなさん、こんにちは!おきコレ編集部です。

久高島旅レポも残すところあと2つ。第12弾は歩いて旅する、です
島内をくまなく巡ってきたので今度は自転車をおりて歩いて集落内を散策してみることにしました!暮らすように旅する、島の人たちとのふれあいができるのも離島旅の醍醐味ですね。

集落を歩く
久高島は古きよき沖縄の原風景が今尚のこる風情溢れるすてきな場所。
聞こえてくるのは風の音と風にそよぐ木々が奏でるやさしい音だけ。心の底から癒されます。
大きくそびえるガジュマルの木の上ではキジムナーが笑っていそうです。
IMG_3663
IMG_3854
IMG_3851

久高島郵便局
島に1件だけある郵便局。ブーゲンビリアが咲き誇り南国らしい雰囲気漂うとても可愛らしい外観です。
そして、なんとこちらは日本で唯一、宿泊ができる郵便局なんです!
料金は素泊まり¥3,000~
TEL:098-948-2236
IMG_3666

久高島診療所
久高島唯一の診療機関です。
港からすぐの場所にあります。白い外壁に赤瓦の屋根がまぶしい!
受付時間; 午前:9時〜11時半 午後:14時〜16時半
休診日;土日祝日
*毎週木曜日 研修のため医師が不在との事です。
TEL:098-948-1319
HP:http://www.hosp.pref.okinawa.jp/sinryo/kudaka/kudaka.html
IMG_3696IMG_3695

久高島の学校事情
小学校・中学校が併設されています。島には高校がなく唯一の学校設備です。
校舎は最近建て替えられたそうで、とても新しかったです。ピカピカ!
校門に立つシーサーもとても威厳のあるお顔立ち!
IMG_3700

集落内にあるベンチ
島に住むおじー、おばーの休憩スペースになっている場所のひとつ。
大きなガジュマルの木に囲まれており、とても雰囲気があります。
かわいいおばーがちょこんと座って休憩していたのですが写真はダメって(笑)
なので、おばーが帰ってからパチリ。雰囲気だけでもお届けできればと。
IMG_3860
島の商店
島内にはいくつかの小さなお店があります。
店内は味のある昭和レトロな雰囲気が漂っています。カップラーメンやお菓子、ドリンク、野菜や果物などが所狭しと並んでいました。お店番の可愛らしいおばーがとてもおちゃめでかわいい!
IMG_3887
IMG_3897
IMG_3896
IMG_3890
IMG_3893
IMG_3892

めーぎ浜
フェリーが到着する徳仁港のすぐとなりにある遊泳可能な遠浅のビーチ。
久高島で泳ぐならここが一番安全ですよ。チェアやパラソルの貸出もあります。
多少ゴツゴツした岩場はあるものの真っ白に輝くサラサラの砂が広がるキレイなビーチです。
ファインダー越しでも透明度の高さがはっきりとわかります。
砂の上にはカエルの顔のようなブイがいくつも転がっていました。
愛嬌があってなんだかとっても愛らしいです。
IMG_3847IMG_3848IMG_3849

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

久高島旅レポ11 久高島でランチタイム!食事処とくじん

こんにちは!おきコレ編集部です
自転車で島を周回すること3周!ちょっとお腹がすいてきました(´∀`*)
「食事処とくじん」さんランチを頂いてきました。久高島旅レポ第11弾は島グルメをお届けします♪

お店の外観
きれいに手入れされた芝生と木々に覆われていてなんだかほっとする昔懐かしい雰囲気が漂っています。お店の前には野良猫ちゃんが我が物顔で座っています!
この久高島には野良猫ちゃんがたくさんいます。ドアを開けておくとお店に上がり込んでしまうそうなのでドアはすぐ閉めてくださいとの張り紙がありました。
IMG_3690IMG_3693

カウンターに設置されている販売機で食券を購入
黒板に記載されている「久高御膳」も魅力的でしたが時間も足りなくなって来てしまった為・・・定番の沖縄そばを選んでしまいました(汗)
こちらの沖縄そばは少し濃い目のお出汁。そしてしっかりとした塩味が効いています。
汗をたくさんかいたあとのミネラル補給にぴったり!厚切りの三枚肉もとろっとろでとっても美味しかったです!そしてこちらでは久高島名物イラブー汁も頂けるそうです!以前、機会がありイラブー汁をいただいた事があるおきコレ編集部。黒々としたイラブーのインパクトはなかなかすごいですが、味は意外にもあっさりさっぱりしています。あえて例えるならば鰹節のような感じでした。みなさんも機会があれば久高島で「イラブー汁」!ぜひチャレンジしてみてくださいね!
IMG_3681IMG_3673IMG_3676

ミスタータカオのサーターアンダギー ¥350-
お土産用のサーターアンダギーもあります。やっぱり猫がモチーフになっています。
IMG_3685IMG_3687

お店の中の様子
テーブル席とお座敷があります。とても広くてのんびりとくつろげます。
明るい日差しが差し込む大きな窓からは徳仁港を眺める事ができます。
お茶はセルフサービス!ここで一息ついてまた集落を散策してきま~す!ごちそうさまでした
IMG_3688

食事処とくじん
南城市知念字久高238

電話:098-948-2889
営業時間 11:30~22:00(ラストオーダー21:00)
HP http://www.kudakajima.jp/tokujin.html

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

久高島旅レポその10 御殿庭(うどぅんみゃー)&はんちゃたい&大里家(うぷらとぅ)&外間殿(ふかまどぅん)

こんにちは!おきコレ編集部です。みなさん、お元気でしょうか?

さて、久高島旅レポも終盤戦。第10弾をお届けします。今回は島の祭祀場や島のみなさんが大切にされているスポットを巡ってきました。ものすごいエネルギーに満ち溢れていて、とても神々しい雰囲気満載でした。みなさんにその久高島で頂いてきたパワーをお届けしたいと思います!!

《御殿庭(うどぅんみゃー)》
イザイホーの主祭場。イザイホーとは島に伝わる重要な行事で久高島で生まれ育った既婚女性が神女となるための就任儀礼。12年に1度、午年に開かれていました。
イザイホーの際には神アシャギの奥の森に女性達が籠り(こもり)、祖先の霊力を授かり神女として生まれ変わると言われていました。
※現在は後継者不足の為イザイホーは行われていません。
※神アシャギとは、祭祀用の建物の事
IMG_3656
左からタルガナー、カミアシャギ、シラタルー拝殿で構成されています
その奥には「イザイヤマ」と呼ばれる神聖な森が広がっています。「イザイヤマ」は聖域のため立入禁止区域です!
IMG_3649
タルガナーと呼ばれるイラブー(うみへび)の燻製小屋
IMG_3650
左の建物が神アシャギ、右の建物が島の始祖の一人白樽を祀るお宮シラタルー拝殿
IMG_3653
イザイホーの主祭場 御殿庭(うどぅんみゃー)
キレイな芝生で覆われた広場です
IMG_3655
《はんちゃたい》
集落の中心にあり、天と地をつなぐとされる石がおいてある不思議な場所です。自転車で集落を散策していると、なぜかいつもこの場所に辿りついてしまいました・・・
きっとこの石に惹きつけられたのだと思います(*´∀`*)
IMG_3661

《大里家(うぷらとぅ)》
大里家は島の始祖家の1つで五穀の神様が祀られている島で一番古いとされている家です。
この大里家にはこんな話が伝わっています。
昔、大里家にシマリバー(女性)とアカツミー(男性)という2人が住んでいました。
ある日、アカツミーがイシキハマで漁をしていたところ、沖のほうから白い壷(一説には金色)が流れてきました。彼は拾おうとしましたが、沖に流されて上手く取れません。
そこで家に帰りシマリバーに話した所、まずはヤグルガーで身を清め、白い着物を着て行けば簡単に取れるだろうと教えてくれました。
彼はその通りにして改めてイシキハマに行ったところ、壷は難なくアカツミーの白衣の袖に入り取る事ができました。その壷を開けてみると、麦、粟、アラカ、小豆の種が入っていて、その中から麦と粟の種をハタスという所に植えて、その壷もそこに埋めました。 麦と粟は、ここから島中に広まり、沖縄全体にも広められたのです。
五穀の神様となったアカツミーとシマリバーは、ここに祀られているそうです。
IMG_3722

《外間殿(ふかまどぅん)》
旧正月など多くの祭祀が行われる島の大切な拝殿。
内部には太陽や月、竜宮などの神々が祀られています。年中行事等で立入禁止になる時期もあるそうです。とてもキレイな空気が流れており、神聖な雰囲気が漂っています。
IMG_3713
IMG_3709
IMG_3711

いかがでしたか?久高島の聖なるパワーはみなさんに届いたでしょうか?
みなさんにたくさんの幸せが舞い降りますように・・・

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

久高島旅レポその9 ヤグル川(ヤクルガー)&新川(ミーガー)

こんにちは!まだまだ毎日あついですね!今から秋が待ち遠しいおきコレ編集部です。芸術の秋・・・というより食欲の秋、なんですけどね(笑)

さて、久高島旅レポ第9弾は久高島の井泉。島の西海岸沿いにはたくさんも湧水スポットがありましたのでそのうちのいくつかをご紹介したいと思います。

《ヤグル川 (ヤグルガー)》
こちらは現在も神女が禊につかう神聖な井戸です。イシキ浜の波間に漂っていた五穀の入った壺が流れ着いたときに、この泉で禊をしたことで拾うことができたという伝説が残っています。泉まで続く石でできた階段は老朽化が進んでいるため、現在は立入禁止となっています。階段の入口付近から見える海は息を呑むほどに青く輝き、とても美しいです。思わず目を奪われてしまいます。
IMG_3811
IMG_3802IMG_3807IMG_3809

《新川(ミガー)》
ヤグル川より港向けにすこし進んだ所にある井泉です。こちらも禊用に使われている神聖な泉です。道向かいには海ぶどうの養殖工場がありました。
IMG_3812
IMG_3831
泉までおりてみる
新川(ミガー)は泉が湧き出ている場所まで階段で降りられるようになっています。
過去の台風被害により破損箇所があり現在は金属製のスロープが設置されています。
見た目以上の急勾配!足元注意です!!結構滑ります・・・
IMG_3814IMG_3818
階段途中から見える景色
透明度が高く海の中がスケスケです。自然が作り出す青のグラデーションがほんとにキレイ!
遠くではスコールが!これぞ夏の沖縄の風景ですね!なんて贅沢な眺めなんでしょ。
思わずうっとりしてしまいます
IMG_3817
新川(ミガー)に到着!
とても神聖な空気が漂っています。手を合わせ心を整えて拝ませて頂きました。
ペールグリーンの湧水が印象的。水をためる所は少し広め。
今でもサラサラとキレイな水が湧き出ています。
IMG_3821IMG_3822

泉から階段を見上げて見る
急勾配の石段を登ってもどります。石段には手すりありません。海側に崩れ落ちた手すりの破片がたくさん転がっています。階段の途中にはひび割れている箇所もあるのでここはくれぐれも注意して歩いてください。海の美しさに目を奪われそうになりますが、安全な所へ登りきるまでくれぐれもよそ見はせずに・・・
IMG_3826

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

久高島旅レポその8 おきなわ最高の聖地フボー御嶽に出会う

みなさんこんにちは!おきコレ編集部です。今日も暑いですね!

久高島旅レポ第8弾は「フボー御嶽」。今回の久高島旅で一番行って見たかった場所です。
「フボー御嶽」とは沖縄の七御嶽の一つで、久高島のみならず沖縄でも最高の霊地。琉球開闢の女神アマミキヨが住んだと言う霊地を廻る巡拝東御廻り行事の一箇所でもあります。琉球王府からも大切にされていた場所です。
旧来から男子禁制の聖地で、今でもヨーカビー(お祓い)、ピーマティー(火の神の祀り)、ハマシーグ(害虫祓い)イザイホーやフバワク行事など多くの祭祀がここを舞台に執り行われています。現在は男女を問わず全面的に立ち入り禁止になっているため入口から参拝します。

道沿いに立つ標識が目印
IMG_3605IMG_3606
自転車を走らせる事、約1~2分。フボー御嶽に到着
入口にはフボー御嶽の説明と御嶽内全面立入禁止の立札が設置されています
IMG_3607
キャプチャ
IMG_3608

フボー御嶽
入口から少しだけ入った所に「立入禁止」を示す小さな看板があります。足元には大きな石があり、その場所から拝むようになっています。立札を見落して中に入らないようにくれぐれも注意してくださいね!
IMG_3624
沖縄最大の聖地というだけあり、入口付近からとても厳かな雰囲気が漂っています。そっと手を合わせ目をとじます。聞こえてくるのは風にそよぐ樹木のかすれる音だけ・・・心静かに拝みを終え、次の場所へと移動しようとした瞬間・・・ものすごいスコールに襲われました。
参拝のできる入口付近の頭上は木々が生い茂っておりなんとか雨が凌げる場所。
「せっかく来たのだからもう少しここにいなさい」と言われているような・・・・
雨が止むのを待っている間、温かくてやさしい母の腕にそっと抱かれていた幼き頃を思いだし、心がほっと満たされる安心感にとても近い不思議な感覚に襲われました。

みなさんがフボー御嶽へ足を運ばれた際に何か不思議な体験をされることがあれば、ぜひ教えていただきたいなと思います(*´∀`*)
IMG_3643
そしてフボー御嶽以外でもこの周辺には立入禁止区域がいくつかあります。
むやみに立ち入らないよう注意が必要です!どこも神々しい雰囲気で満ち溢れています。
IMG_3645

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

久高島旅レポその7 ロマンスロードを走る

こんにちは!おきコレ編集部です。
まだまだ暑い日が続いていますがみなさん、お元気でしょうか?

さて、久高島を巡る旅レポ第7弾!神の降り立つパワースポット「カベール岬」を後にし、次はロマンスロードを目指します。ロマンスロードってネーミングがとってもすてきですね!久高島の北端であるカベール岬から集落方面に向け5分程度自転車を走らせ南下していきます。すると右手に方向にフェンスに囲まれた溜池に出くわします。その溜池を左手に見ながら舗装されていないなだらかに続く上り道をゆっくりと進んでゆくと・・・ロマンスロードの入口に到着!!

ロマンスロードへの道のりは四角いフェンスに囲まれた溜池が目印!
IMG_3580IMG_3582
ロマンスロードの入口
道幅は自転車2台が並んで走れるくらいのスペース。
道の真ん中にある四角い石がロマンスロード入口(出口?)の目印です。
そしてここは久高島の中でも数少ない舗装された場所。道の途中にはベンチが設置されている少し広めの休憩エリアと青い空に映える赤瓦仕立ての小さな東屋があります。東屋の手前にはビーチにおりられるよう木で作られた梯子が設置されています。
IMG_3757
IMG_3759
IMG_3599
少し広めの休憩スペース
日陰はありませんが・・・休憩用のベンチが設置されています
IMG_3761
ビーチへ降りる為の梯子が!
ここから眺めるだけでも充分キレイですが、せっかくなので降りてみました。
IMG_3764
梯子から下を見下ろしてみました。
結構・・・急です。足元、注意!
IMG_3770
まるでプライベートビーチのよう!
どこまでも透き通り美しく広がる海の青さにうっとり。エメラルドグリーンとブルーが奏でるこれ以上ないほどの贅沢な景色。離島でしか味わうことのできない、これこそまさに絶景です。
IMG_3773
梯子は2段階設置。降りてみたのはいいものの、登って戻るのが・・・一苦労でした(笑)
IMG_3774
目印の東屋が見えてきました!
沖縄の青い空に赤瓦はやっぱり栄えますね!
IMG_3784
IMG_3598
東屋から眺める海もやっぱりキレイ!キラキラと青く輝くソーダゼリーみたい
IMG_3592
海を撮影していると海鳥に襲われるという珍事に遭遇。
どうやら彼らの機嫌を損ねてしまったようです。撮影もそこそこに早々と・・・退散しました(笑)
IMG_3596
ロマンスロードの終点(もしかしたらこっちが入口?)
ここにも道の途中に四角い石が置かれています。手作りの看板も味があってとっても素敵! 絶景広がるロマンスロード、海風を感じながら走ってみてくださいね!思いがけない感動に出会えます。次は、沖縄最大の聖地「フボー御嶽」を目指します!
IMG_3787
IMG_3788IMG_3790

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

 

久高島旅レポその6 島の北端カベール岬に到着!

こんにちは!おきコレ編集部です。久高しまレポートも6回目。今日はカベール岬をご紹介。

カベール岬へと続く緑に覆われた一本道
さて、ウパーマ浜を後にし久高島の北端カベール岬へと自転車を走らせています。
カベール岬まで続く一本道の途中にはクバの木が生い茂る森があります。
クバの木は神様の降り立つ神聖な木とされているそうです。
濃い緑に太陽の日差しが反射してとっても神々しいです。
IMG_3522
IMG_3537
IMG_3538IMG_3576
IMG_3540

カベール岬に到着!
うぱーま浜からおおよそ10分程度でカベール岬手前の広場に到着しました!
自転車はこちらに止めま~す。
IMG_3572
カベール岬は「はびゃーん」とも呼ばれ、琉球の祖神アマミキヨが降り立ったという伝説が残っている場所です。海神が白馬の姿で降臨したとも伝わる聖地。そして竜宮神が静まる所でもあり、とても神聖な場所です。聞こえてくるのは波と風の音だけ。手つかずの自然が一面にひろがり、いにしえの世界にタイムスリップしたような感じさえしました。
IMG_3568IMG_3567IMG_3566

カベール岬から海を眺める
岬から眺める海。どこまでもどこまでも青く透き通っています。
ファインダー越しの景色ではちょっと伝わりにくいかもしれませんが・・・他のどのビーチとも違う雰囲気が漂っており、なんだかとても不思議な感覚に襲われました。そしてカベール岬には干潮時にしか出会うことができない「生まれ変わりの穴」というのがあるそうです。残念ながら今回その場所に出会うことはできませんでした。まだ生まれ変わるには早いということでしょうか?必要な人が必要な時に出会うことができると言われているようですので・・・・また次回のたのしみにとっておきたいと思います。もしみなさんが久高島へ足を運ばれる際には、ぜひ探してみてくださいね!
IMG_3565
IMG_3548IMG_3549IMG_3551IMG_3555
IMG_3556IMG_3561

カベール岬に別れを告げ、ロマンスロードへと向かいます!では(o・・o)/

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

久高島レポその5 島のビーチを巡る しまーし浜&うぱーま浜

こんにちは!見所が満載で眠れない夜が続いている、おきコレ編集部です!

さて、久高島の旅レポ第5弾!次はしまーしと呼ばれるビーチをめざします。聖なる浜「イシキ浜」からさらに北上することさらに10分。途中で大きなガジュマルの木と休憩の為のベンチに遭遇しました。なんだかトトロが出てきそうな雰囲気です
IMG_3522
IMG_3730
IMG_3729

《シマーシ浜》
ぽこぽこと丸い穴があいた岩場が多く広がるビーチです。
このビーチのどこかに2千年前のものとされる貝塚があったようなのですが・・・見つけられず。その付近にはアグル嶽という御嶽もあるようです。このビーチもやっぱりキレイです~
IMG_3523IMG_3524
IMG_3536IMG_3526
IMG_3527IMG_3531

《ウパーマ浜》
久高島で一番広く、星の砂が広がるビーチです。星の砂、太陽の砂がたくさんありました!見えるかな・・と手のひら一面につけてみましたが、あれ。。ちょっと残念
キレイな星砂ですがこれも持ち帰りは禁止。手についた星砂たちはキレイに払い、きちんと元に戻してきましたよ。ここでも持ち帰って良いのは、思い出だけ!
IMG_3734
IMG_3737IMG_3739IMG_3740IMG_3741
さて、星砂広がる「うぱーま浜」に別れを告げ島の北端カベール岬へ向かいます!
次はカベール岬のレポをお届けしますね!!

久高島

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0

 

久高島レポその4 島のビーチを巡る イシキ浜

こんにちは!最近はお天気が不安定な日が多いですね。取材中にスコールに打たれることが多いおきコレ編集部です(笑)!日焼け対策だけでなく雨対策も必要だと痛感する毎日です。バックには折りたたみ傘、必須ですね。反省。。

さて、久高島旅レポ第4弾は「イシキ浜」!
こちらはかつての琉球国王も訪れたとても神聖な浜です。
ピザ浜・タチ浜をあとにし島の先端「カベール岬」まで続く道を北東へと進みます。

島の先端「カベール岬」まで続く道
IMG_3519

イシキ浜
自転車で進むこと約5~10分。イシキ浜の入口へと到着しました。
イシキ浜は魂が帰る場所、海の彼方にあるニライカナイからの来訪神が島に訪れる時に船が停泊するとされる場所です。ウプヌシガナシー(健康祈願)と呼ばれるお祭りの時はここからお祈りをします。そして五穀が入った壷が流れてきて、それから久高島、沖縄本島へと穀物が広まったとされる穀物起源伝説の場所です。とても厳かな雰囲気が漂っています。一礼してお邪魔させて頂くことに。ちなみに遊泳禁止区域です。
IMG_3517

イシキ泊
海まで続く小道を進んでいくと、海に向かって右手側に神に拝みをささげる場所がありました。こちらの拝所の名は「イシキ泊」。ニライカナイの神、アガリウプヌシの御嶽であり琉球国由来記にも出てくる有名な所です。
IMG_3493
草木に覆われた細道をゆっくりと進みます。
視界が開けると真夏の太陽に照らされて美しく輝く海が目に飛び込んできました
IMG_3496IMG_3498IMG_3499
岩場は多いですがピザ浜・タチ浜より広めの砂浜が広がっています。
聞こえてくるのは波の音だけ。とても静かです。この先にニライカナイがあるんですね。
IMG_3501IMG_3503

祭祀のための神聖な場所
イシキ浜にたどり着いて一番先に目に飛び込んでくるのが、祭祀用に整えられた場所。こちらはとても厳かな雰囲気が漂っていました。お祈りを捧げるための香炉もありました。ニライカナイに続く大切な場所だそうです。
IMG_3502IMG_3507IMG_3511
そして年始には島で暮らす男性1人につきイシキ浜の石を3個お守りとして家に置き、年末に浜に戻す儀式があるそうですよ。
イシキ浜でエネルギーをたくさん頂いた為か不思議と心がとても穏やかに。
神聖な場所に立ち寄らせていただいたお礼を述べ、イシキ浜をあとにします。
次はシマーシ浜&ウパーマ浜に降り立ちますよ!

久高島 イシキ浜

おきコレとは?
http://www.area-pjt.jp/okicolle/

iPhone(iOS)の方はこちら。
https://goo.gl/PKFPfq
iPhone以外(アンドロイド)の方はこちら。
https://goo.gl/PQMKl0